10/16富士山.須刈岳
富士山。あの「富士は日本一の山」と唱われる山では、もちろんない。会津にある低山である。「新潟の低山.藪山」を読んで山名は知っていた。その本を読んだだけでは、よし行ってみよう。という気にはなれなかった。
 米沢の○いぬさんとどっか行ぎましょう。という話しになり、おおよその中間地点でもあることから、この山に白羽の矢が刺さった。
 山都駅、朝9時つーことでよろしく。アバウトな山行である。そこへは、相当前に着いてしまう。いいでの湯.一の木行きのバスが客待ちであくびをしているような、時がゆっくりとながれるかのような、そんな磐越西線、山都駅。「そばと飯豊のまち」そんなキャッチフレーズの看板が目を引く。時の流れに身を任せうとうとしているとみんなそろった。登り口の漆窪へ車を走らせた。
富士山へはどこを、、 あ〜ここま〜っすぐ行けば

富士山々頂だったような

集落は上野尻?シンメトリーな高陽山(手前中央)憧れの烏帽子山もよく見えた 須刈岳より

烏帽子山〜大日岳、牛首山 県境近くの栗園より

 山はたいしたことなかったけど、同行してくれた2名のおかげで楽しい思い出ができました。ありがとう。
10/18記

玄関にもどる