10/30魚止山
3:50起床。夕べのカレーを温め、ごはんとそれぞれ弁当に詰める。
4:30家発。一時、失せていた「室谷」の地図をコンビニにてカラーコピー。ついでに梅干しと漬け物購入。空腹のため正常な判断ができずに「屋台風焼そば」も。そこ(津川)でそれを車内でむさぼり食う。まだ冷めていないカレーと交互に。当然カレーを残すことになる。常浪橋を渡り右折して県道に。ここからが長い。峰越林道から別れて荒れたダートをゆっくり進む。
 6時半過ぎに林道終点に着く。少しもどり橋の手前に駐車、ゆっくりと支度。弱い雨が降っている。あがるであろうと雨具は上のみとする。

今回のルート
8:36 854mピークと思われる。

7時半過ぎに歩きだし、踏み跡をなぞって進む。ぬかるんでずぼぼと沈む。階段状に踏み跡がありがたい。1箇所ログにポイントが打ってあるが、そこは残置テープが3つほどあり、直角に右折するところだ。しかしてれ〜っとあるいていたら気づかず素通り。迷走のほどは御覧の通りである。正規のルートに乗ったものの小雨も降出し”け〜ろがな〜”とかなり強く思った。そこで今朝の新聞の占いを思いおこし歩き続けることにした。地図で見ると854pに至るまでが怒濤の登りのようだ。それは600mあたりからはじまりそうだ。高度計は持たずに歩く機会が続いているが、GPSの高度表示は20mもずれることがあり目安には少々?である。急登が始まるぞと感じて見たら620mだった。
9:17

脇の枝を頼りに、、しかし足を置く所がずりずりしてなかなか決まらない。そんなこんなで苦労しながら、しかしなぜか楽しくなりかけてくる。さっきまでの”もうおうちに帰ろうよォ”モードだったのが”やっぱ山っていいよネ”モードにスイッチ。変わり身の早さには呆れてしまう。
10:08

9:40 854P 視界は悪くなったまま。それまでの急登の感覚から、ほぼ水平移動と感じる道を進んでいく。前方にぼわ〜っと浮かぶピークを見て、魚止山かとおもわれたが、そこはまだ950ぐらいの地点にすぎなかった。
10:30 道はこんな感じです。

緩やかな道はさらに続き、山頂直下の急登までなんとかこぎつけた。
10:25 魚止山。すっぽりと雲の中。すぐそばの1120Pすら見えない。ものの5秒とそこには留まらずに下りの足を出す。
10:31 小雨にけむる。

10:59 

12:09

854pを通過し激下り。後ろ向きに両脇の枝につかまりながら、足の置き場を確認しつつ慎重に下りていったつもりなのだが、印を着けずに登ってきたのが悪いのか、コースアウトを何度かする。
3:22

12:45〜お昼休憩。(1時間)どうも南にずれて歩いてきたようだ。このまま正規のルートを探して空腹のままうろついても良くないと判断し。弁当を開ける。雨はあがってくれた。コンビニで買った”南高梅(干し)、初めて食べたがうまさに感動。高価なだけのことはある。浅漬けとごはんと交互に食べる。半分ほど食べたら飽きてきたので、梨(二十世紀)の皮をむく。そしてばりばりした食感が欲しくなり”黒ごませんべい”にも手を付ける始末。
2:41 駐車地点着
3:41

4:30家着。
その後、右手首が三日ぐらい痛かった。登り下りで枝をつかむ時に必要以上に握ったからだと思う。
11/2記 11/14加筆

玄関にもどる