11/6万治峠

今回のルート

実川の紅葉が気になったのと、前夜の睡眠不足から本格的な山はきびしそうなので、前々から気になっていたここに決める。国指定重要文化財 五十嵐家住宅 参照→[阿賀町のHP>観光案内>旧鹿瀬エリア文化財]実川から万治峠へは、この五十嵐家住宅の庭を歩いくところからはじまる。庭を抜けると、赤い吊り橋に向かって降りていく。立派な吊り橋ではあるが、人ひとり歩くとわずかに揺れる。実川の水面まではかなり高度差がある。空は雲が広がっている。回復するのか、くずれるのかはっきりしない空だ。紅葉も日光があたらないこともありぼんやりした表情だ。河岸段丘のへりを歩く。途中ストック代わりに手頃な枝を拾いダブルストック状態で進む。黄葉がなかなかきれいだ。日差しが加わればもっとハッとさせられそうだ。トラバースするところなどは2本の杖が重宝した。小さな沢をまたいだりするところもあって、長靴で来たのが功を奏する場面もあった。峠近くでやっと尾根に乗り急登となってほどなく目的地にぽんと出る。

「芋銭はかっぱの芋銭」といわれるほど幻想味豊かな作品を描き、書や俳諧にもすぐれた日本画家です。大正4年の初夏、芋銭は万治峠を越えて五十嵐家を訪れます。峠より見える小さな棚田は田植えの最盛り、飯豊連峰に囲まれた実川はまさに桃源の境であり、五十嵐家で数日遊んで俳句にその思いを託しています。」 阿賀町のHPより  

車で下平発電所まで移動し、蒼い流れへと近づいてみる。

11/9記

玄関にもどる