7/1(日)飯豊山(ダイグラ尾根往復)
この日の天気予報は朝9時頃から晴れるというものだった。その予報をあてにして行ってみた。思っていた「晴れ」とはいかなかった。しかし、曇天なればこそ順調に歩けたのだと思う。それとたまたま会ったNさんが一緒に歩いてくれたから歩けたのだと思う。
3つの選択肢
行きたい所は以下の3カ所だった。
1.十字峡〜丹後山〜中ノ岳〜十字峡
2.田子倉〜浅草岳〜鬼ヶ面山〜六十里越
3.ダイグラ〜本山
で、何故に3になったかというと「登山口が近いから」。
1:42家発 前夜は9時過ぎには眠りの底に沈んでいたので、この時間でも寝不足感は無かった。
夜中に弁当を詰めたりしていると家人に大ひんしゅくなので、最近はもっぱらコンビニで食料を調達している。微妙に安いセーブオンがお気に入りだが、買いにいく時間帯は品薄状態なのが苦しいところではある。
R290を胎内市から関川村へ入るころになると「土砂降り」に近い雨。根拠は無いが「天狗平に行けば晴れるだろう」と希望的観測。
到着してみると、ごくごく弱い霧雨。支度をしているうちにそれもあがる。それにしても車が少ない。

今回のルート
4:24天狗平発 自転車で移動 4時にはランプ無しで歩ける明るさになるのだが、もたもたしていてこの時間になってしまう。ここの林道の勾配は比較的緩やかなので7〜8割の力でペダリングできる。単独行をパス。温身平で左折して梅花皮沢を橋で渡り、道が細くなる手前の広場の立ち木に自転車をロックする。
4:42 自転車デポ地点 [2.18km] ここから歩く。
4:53桧山沢吊り橋 [2.7km] 少しびびりながら渡る。渡り終えればWストックはザックにつけて手を使っての登りとなる。じっくりあせらず登る。
5:46 種薪の池  幾分なだらかになる。モリアオガエルの卵が木にぶらさがっている。池に落ちているのもある。空は曇りのまま。
5:58 長坂清水標柱 [4.43km]
6:53 休場ノ峰 [5.23km] 少し手前からヒメサユリが出てくる。休場ノ峰からは遠くに宝珠山の鋭い三角形が見えるのだが、今はガスに包まれている。視界の無い所で休んでいてもしょうがないので先に進む。
この先はダイグラ尾根別名切歯尾根と呼ばれるようにアップダウンを繰り返す。
どごでだったか忘れてしまったが単独行に抜かれる。この人がNさんでこの後いっしょに歩くことになる。
休場ノ峰から下って登り返したピーク付近で休む。コンビニおにぎりを食べる。7:30腰を上げ歩きだす。おそらくこの辺でNさんが引き返してきたと思う。曰く、雨で濡れた草をかきわけ歩いていたらズボンが濡れてしまい行く気が萎えた、とのこと。どごまで行くのか?と訊かれ、「う〜ん、宝珠山辺りまで行ければ、、そこまで着いたら時間見て考えます。」と、はっきりしない答え。Nさん、「じゃ、おれも行ってみっか。」ということでつきあってもらうことになった。
7:50 千本峰標柱 [6.18km]
                 わさわさ咲いている  7:54

千本峰の岩場は難所。進行方向左へ向かい後ろ向きになりながら、手探り、足の置き場も探りながら。
      ノウゴウイチゴ 8:55

Nさんといろいろ話す。
ハ「新潟市の人?」
N「今、新潟市だけど、秋葉区、新津。」
ハ「へ〜、おれ安田、、、今、阿賀野市だけど」
N「、、、、ハタノさんだ?」
ハ「え?!そうです」
N「自転車乗っているからもしかして、と思ったけど」
初対面だけど拙サイトを見たことが有るというNさんとの出会いであった。
        雪のある所はガスってくる    9:04

Nさんは日帰り快速系らしい。ダイグラも何回も歩いていて次はどうなるかが熟知しているのがうかがい知れた。よって先行してもらう。多少登山道があやふやな所もあるダイグラなので、単独の場合はルートを見極めながら進んで行かなければならないが、そういった労力を全く使うことなく歩くことができ、コースタイムを短縮できた所以だ。
      オオサクラソウ?   9:08

9:13 宝珠山の肩.標柱 [8.27km]
どこでだったか忘れたがピッケルを使った所もあった。今回はアイゼンは持たずにピッケルだけ携行した。
     晴れそうだけど 稜線のガスはとれない  9:58

         ミヤマクワガタ って言っても昆虫ではない   9:59

いくつものアップダウンで宝珠山を越え、飯豊本山を前にして最低鞍部からは、花崗岩の岩礫の間の登り。薄く岩にペンキで丸が描いてある。掲載した花以外にもオヤマノエンドウなどを見ることができた。
    2年ぶりのウスユキソウ   11:12

              ミヤマダイコンソウ 

11:20 飯豊山々頂 [11km]
        top of the ...

飯豊本山々頂へ立った時の心情は「ふー、やっと折り返し地点だぁ。」だったと思う。今日じゅうに下山し、無事帰宅して、明日はいつもどうり仕事しなければならない、あたりまえだけど家に着くまで気は張っていた。
コンビニおにぎりといなりずしの昼食。保冷剤と共に持って来た350mlのビールは、かろうじて冷えている。
下山の準備をはじめたころ、男性2人が本山小屋方向から来る。どちらも単独行で途中からいっしょになったらしい。彼らと少し話す。
12:00下山開始。
青空が、、  しかしすぐ消える

                 ハクサンチドリ

               キジムシロ

                   空は秋の気配

              シナノキンバイ

           13:18

            渡って振り返る  13:21

            コイワカガミ

13:32 宝珠山の肩.標柱 [13.6km]
                               13:46

            白っぽいシラネアオイ

          ツマトリソウ

14:50 千本峰の岩場 [15.4km]
    ヒメサユリとハクサンチドリのコラボレート   14:55

      ヒメサユリも見とれる宝珠山  14:56

15:01 千本峰.標柱 [15.7km]
15:31休場ノ峰 [16.6km] Nさんからグレープフルーツをいただく。とってもおいしかった。山での果物は最高だ。ここから吊り橋まで怒濤の下り、心して下りはじめる。
16:07 長坂清水分岐 [17.4km] 時々GPSで高度を確認しながら、あと600、あと400というふうに降りていく。NさんからWストックの使い方のダメだしをうける。頭で考えずに自然とストックを使えるようになればいいのだけど、、。最後、吊り橋の近くではいままでのロングトレイルの疲れから、足がもつれ、おっとっと、危ねぇ状態になる。
16:58 [18.7km] 桧山沢吊り橋(右岸)
17:13 [19.4km] 自転車デポ地点
17:21 駐車地点着
17:36飯豊山荘発   19:16家着
ダイグラの完登は2回目だが、いずれも景色をすっきりと見ることができなかった。したがって、まだまだダイグラ詣では続く。
7/8 記

玄関にもどる