7/16 杁差岳.大熊尾根(西俣)往復
飯豊連峰北端の雄峰杁差岳。大熊小屋経由の西俣コースはかねてから歩きたいと思っていた。

2004年の5月30日に大熊小屋まで歩いている。
前夜の天気予報は曇り、台風4号は東の海上へ遠ざかった。しかし今は梅雨時、台風一過の晴天とはいかないようだ。
目が覚める。長距離歩行となるため、ていねいにストレッチをする。残りのごはんをレンジで温め、漬け物と共にタッパへ。外へ出ると星が見え、いやがうえにも期待は高まる。
大石ダムまでは55km。県外ナンバーの車が3台。

〜滝倉橋から大熊小屋までのログ〜
5:30大石ダム発。滝倉橋までは自転車。2.13km。天狗平から温身平先の林道終点が2.18kmでほぼ同じ。橋のたもとに登山届け用のポストがあり、「11時まで前進、その後往路をもどる」と記入して5:45歩きだす。空は曇り空、高い所はガスで見えない。黒手沢にもちゃんとした橋が架けられている。

6:47イズグチ沢、5.65km。Wストックを支えに滑らないように慎重に石の上に足を置いて渡る。
ブナに植林された杉の林になるとGPSが衛星をロストする。
                     十貫平 7:40

小休止。青空も見えてきたので、日焼け止めを塗る。しかし青空はこの時限りだった。
                     ゼカイ沢  8:25

ゼカイ沢と西俣川に架かる橋の間は横搦みというかへつっていくのだが、前回(’04.5/30)に歩いた時は草が茂り、足場を探りながらだったので苦労した覚えがある。今回はきれいに刈り払いされていてストレス無く歩くことが出来た。登山道整備された方々に感謝感謝。
倒木が道をふさぐが、、 ステップが切ってある

橋は丸太を縦にカットしたもので、吊り橋のように揺れることもなく、すたすたと渡れた。
             西俣川本流に架かる橋

        橋の上から 西俣川本流 9:02

9:07〜9:16大熊小屋。ここで水の入れ替え。冷たい水が豊富に流れている。缶ビールやワンカップが冷やしてある。小屋の前を黒い奇麗な蝶がひらひらと舞っている。

大熊小屋から杁差岳までのログ
大熊小屋を過ぎてからは、ほぼ水平と感じるブナ林を行く。ここ「大熊平」は、面積は十貫平におよばないが、その年月を積み重ねることによってのみ創りだされる重厚な「オーラ」は感じることができる。
沢の音がしだいに大きくなって高度を下げる。大支流大熊沢。ここにもさっきの西俣川本流に架けられていた橋と同様の丸太を縦割りにした橋がある。
        大熊沢の橋 【11.4km】 9:30

橋で大熊沢左岸に渡ってからは、地形図の破線よりも西に登山道がつけられている。少し平らな林を進み、じわっと登りに転じていく。朝から4時間歩いて、ようやく登りらしい登りになる。15分ばかり登るとガス欠になりそうなので、ザックをおろし弁当を開ける。ごはんと漬け物がありゃ他には何もいらねぇ。などと一人悦に入る。
      9:45〜10:00 550辺りで休む 【今日の弁当】

       タマガワホトトギス 一杯清水にて 10:46

        カリヤス平

  おそらく 一ノ峰 おびただしい数のトンボが飛んでいた

         イワイチョウ@新六ノ池 12:15

    ちっちゃ〜い ノウゴウイチゴの実 12:19

        ヨツバシオガマ?

                    キラキラ

12:33 杁差岳山頂【15.7km】
     視界も無い ニッコウキスゲもまだこれから

   杁差岳直下 刈り払いは未だ=雨露で靴&脚がぐっしょり

               新六ノ池と二ノ峰 12:42

13:08 カリヤス平 17.1km
13:47 一杯清水 18.5km
14:42 大熊小屋 20.7km
14:50 西俣川の橋
             シモツケソウ 14:51

                       ゼカイ沢  15:30

                     十貫平 15:51

18:06 滝倉橋 30.2km
18:13 大石ダム駐車地点 32.5km
        おそらく18:40頃 家へ帰宅時刻の予想を告げようと、携帯電話をかける。
        ここではじめて「中越沖地震」を知る。
19:20 家着
7/25 記

玄関にもどる