7/29 大日岳(御弊松尾根)
【気づいた点】全登山道を通して雪を踏む箇所は皆無。月心清水、惣十郎清水共に水は取れる。アブは皆無。林道〜登山口周辺は名物のヤブ蚊が多かった。いつも気になっていた一服平〜早川ノ突キ上ゲ間の草薮はほとんど気にならず、時期が早いためか、刈り払いによるものか。

前日夕方の天気分布予想ではこの日の9時〜12時に飯豊辺りが晴れとなっていた。これに賭けて出かけてみることにした。
3時過ぎ起床。入念ストレッチ。弁当も昨日のうちに詰めておいたし食料の買物も済ませてある。3時半家を発つ。阿賀町中村の公衆トイレに寄る。小荒手前の「栃ノ木清水」で水を汲む。

今回のルート
5:51登山口。林を突っ切り5:57アシ沢の橋。ひと登りして再び平らな林。所々看板がある。やがて急登となり着実に登る。でっかい楢の手前ぐらいから平らになりクールダウンできる。じょじょに登りに転じていき、粘土質の上に枯れ葉の乗った登路で少し滑りやすい。がまんののぼりを続けると、左に幕営スペースを見送る。ひと登りで月心清水の分岐。
7:00〜7:08 月心清水 [2.18km] 水場まで行ってみる。高度差の無い道をへつっていく。沢から水をとる。流れは細い。顔を洗うのに両手で待ち構えるのだが、時間がかかる。分岐へもどり、ロープのさげられた急登へ。
地形図の破線が1150あたりで少し屈曲する、そこまで上がると急登も終わる。
7:50 雨具の上を着るが、すぐに脱ぐ。行動食を食べる。
       ミヤマキンポウゲ 8:00

ミヤマキンポウゲの咲いている所は8月中〜下旬にはトリカブトが咲く所でもある。そこを過ぎると花崗岩のザレた斜面にロープが2本下げられている。登りでは右脇の枝を頼りに登る。上が明るくなってきたら、一服平だろう。
8:12 一服平 [3.44km] ここには一服平を確定させる看板等はいっさい無い。小さな「大江勝広記念碑」(だったかな?)の石碑があるのみだ。
御西に泊ったという山形、上ノ山の単独行とスライド。ゲートにあった山形ナンバーの持ち主だろう。花が良かったらしく、春から秋の花を見ることができたとうれしそうに話してくれた。
            末期のヒメサユリ  8:57

一服平〜早川ノ突キ上ゲ間は秋頃歩くと草がのびて足下が見えづらい印象があったが、今回は明瞭に感じる。時期的なものか、刈り払いによるものか。
9:05 早川ノ突キ上ゲ [4.43km] 一ヶ月前に苦労した雪もほとんど消え失せていた。ここからは天気が良ければ爽快な稜線漫歩のはずだが、今日はすっぽり雲の中。
            クルマユリ  9:09

早川ノ突キ上ゲから牛ヶ首までは3つのピークを越えていく。大きな岩の上を歩く所もあり、手を使い慎重に進む。視界は相変わらず。足下の花を見るのみ。
9:36 牛ヶ首(菱形看板)
                ミヤマクルマバナ  10:03

              イブキトラノオ  10:05

                 ウラジロヨウラク  10:18

              ハクサンフウロ  10:30

         クチバシシオガマ  10:30

10:46 大日岳山頂 [7.04km]【登り:5時間】 花を期待して少し御西方面へ進んでみる。
             髭爺三兄弟  10:49

                霧の彼方へ続くコバイケイソウ群落  10:51

       ウサギギク  10:55

          コイワカガミ  11:02

        ミヤマアキノキリンソウ  11:09

today's lunch

            キヌガサソウ  11:41

            ヤマハハコ  12:18

           ゴゼンタチバナ  12:25

  今回わずかにのぞいた青空

          巨楢

           トレイル

15:20 アシ沢の橋。
15:25 登山口。
17:00〜17:25 清川高原温泉300円。
17:56 家着。 往復127km。ガソリン代約1420円。
8/10 記 

玄関にもどる