8/15〜16 門内小屋(梶川尾根往復)
「いやぁ〜、きんなの夜もあっちぇがったねぇ〜。」
お盆で水揚げに来る親戚との常套句となっていた。先月はず〜っとぐずぐずしていた天候だったが、7月のカレンダーをめくった途端に「夏全開」しかも日を追うごとに右肩上がり。12日からは35℃のラインを越える。
14日、お盆の行事も一段落、山=飯豊、行きたいごころがむくむくと頭をもたげてくる。と共に、こんなに暑くて行倒れたりしないかと我が身を案じたり。
そんなところへメールが来る。置賜の山の先輩M氏から。返信するより電話のほうが簡単なので話す。話しているうちに、暑さに対する心配も縮小し、小屋泊まりへのわくわく感が高まる。
振り返れば6月中旬の八十里越以来、青空山行とは疎遠になっている。陽に灼かれ著しく体力を消耗するとは言え、山は青空であって欲しい。予報をチェックしてみると「小さい気圧の谷が、、」などと言っている。夕陽と朝日はむずかしいかなと思いながら、試行錯誤のパッキング。
15日 未明 天狗平
飯豊山荘前のバス停で駐車。トイレ前のテーブルと椅子がある所が照明がついているのでそこでパッキング。M氏は超寝不足という登山者にあるまじきコンディションで登場。4時半ころ一足先に出発していった。パッキングの遅さ選手権があったら、おそらく上位にくいこむであろうこの手際の悪さ、結局1時間も経過していまう。

5時登りだし
ストックはザックに着け、両手を使っての急登。日帰り軽装の時にはロープが設置された岩場が登りはじめて短時間であらわれるイメージだが、今日はそこまででも長く感じる。そのロープは新しいものに換えられていた。右の枝をつかんでクリア。
水を飲もうとプラティパスの吸い口を吸う。水が来ない。ホースが曲がっているのかザックを下ろし確認。しかし曲がってはいない。しばらく原因を追求するが、吸い口にリング状のものがあり、それを90度回すことによって開閉できることがわかる。プラティパスを愛用してかなりの年月を経て来たが、今回初めてわかったシステムだった。
しばらく急登を続けると噂に聞く、登山者カウンターがあった。
5:46楢ノ木曲り
飯豊山荘は300m下になった。ここから幾分傾斜は緩む。湯沢峰の北の肩へ来るとさらに平らになり、水平移動と感じるほど。
6:32 湯沢峰 1.67km 1021m
烏帽子岳、梅花皮岳、梅花皮小屋、北また岳。青空に稜線がくっきり。しかし、その上には雲。ここ湯沢峰には日陰が無いのでそのまま進む。
湯沢峰から下って、地形図の破線は南の1040pを踏んでいるが、実際は巻いてやりすごしている。登り始める辺りでザックを下ろし休む。木陰で寄ってくる虫も気にならない。パンをほおばりつつ、手拭いで汗を拭き、しぼってまた拭く。これを数回繰り返す。三本樺と思われる所が見上げる高さに見える。地形図とコンパスで確認、やはりそのようだ。30分弱休んだ。
7:27 滝見場分岐 1145m
8:08 五郎清水分岐 3.1km 1370m
水場へはよらずにそのまま前進。雲のシェアが広がり、青空はわずかになってきた。ここから三本樺までが最後の急登となる。
8:35 三本樺 3.43km 1540m
稜線はすっぽりガスの中。
9:06 梶川峰 3.99km
自分の影が見える=太陽が見える。が、空のほとんどは雲が占めている。
しばら進んでケルンの辺りから現れたお花畑に感激&歩く速度はがくっと遅くなる。

           ニッコウキスゲ群落

10:00 扇ノ地紙 1890m
やはり西側の景色も白いカーテンに閉ざされたまま。
会津若松からの男女ペアとしばし歓談。川入から入り、胎内に下るという。車を下山口にまわしてあるらしい。飯豊は初めてらしい。男性はデジタル一眼レフを首から下げていた。
景色は無いが薄紫や青紫の花が群れをなすのは壮観、思う存分写す。

門内清水の看板に従い左に下る。

10:38 門内清水。雪解け後に咲く湿生植物が多く見られた。
         門内清水と門内小屋

             ハクサントリカブト

10:52 門内小屋 6.89km
もう少し展望というか視界が効けば歩く気力=モチベーションも上がるのだが、このガスに包まれた状態では低空飛行のままだ。とりあえずザックを下ろし、ベンチで休んでいた単独行との会話を楽しむ。茨城からだというTさんは、銀塩の見た目アンティークなカメラを2機携行、レンズセットもそれ相応のラインアップ。いつから入っているのか訊けば「4日から。」思わず訊き返す、やはり4日からだという。御西辺りをベースに撮影に興じていたようだ。飯豊は初めてらしい。その時期に歩いたことがないくせに、秋の大熊小屋経由杁差岳をおすすめする。
ケツに根が生えかかった頃、管理棟からNENさんが出てきてしばし歓談。今山行のメインディッシュがNENさんとの歓談なのだ。NENさんに、今日まで小屋番を務められたLTQさんも紹介してもらい少しだけ話す。梶川尾根を登っている時は、あれも訊こう、これも訊こうと思っていたが尋ねたのは一個だけだった。
そうこうしているうちに、大俣沢を詰めて来たパーティーが到着。この会の別パーティーがもう2つ溯行して、門内に集まるらしいことを言っていた。
時間を持て余し気味なのでウエストバックだけで地神山方面へ散策に出る。

          イイデリンドウ

             ウメバチソウ

                    タテヤマウツボグサ

            ハクサンフウロ

    チングルマ (ピントが何処にきているのか?)

18:40わずかに雲の取れたすきをついて陽が沈もうとするのが望まれた。そのわずかな時間に胎内尾根、二王子岳、五頭連峰、角田弥彦が見ることが出来た。ほんの一瞬だった。

16(木)
一夜明けても、どっぷり雲の中。ゆっくりと支度。風が強いので雨具の上だけ着る。
        NENさん、M氏、筆者

8:20門内小屋発
8:52 扇の地紙 7.88km 1890m
9:23 梶川峰 9.34km 1700m
9:40〜9:55 三本樺で休む 9.88km
10:10 五郎清水分岐 10.3km

             梅花皮大滝

会のサポートで上がって来た パパさん

12:37 駐車地点(天狗平)着 14.0km
飯豊山荘の風呂に入りさっぱりして、小玉川の藤田酒店できのこの瓶詰めを買い、帰路につく。
往復187.4km、ガソリン代約2170円。
泊り山は日帰りの倍疲れると感じた。
8/24 記

玄関にもどる