8/25 大日岳
前夜はどういうわけか寝付けなかった。しかし一昨日にたっぷり寝ておいたので出かける。
459号線沿いの「縄文の水」で汲んでいく。
湯の島小屋近くの空き地へは5時20分着く。アブは気にならないが蚊がまとわりつく。30分ほど要してパッキング完了。GPSが衛星を3つ捉えているのにずっと「ナビ準備中」。待ちきれず歩きだす。
       行ってきます


今回のルート
オーバーフローしているヨシワラ沢をWストックで越える。まもなく登山口。手を合わせ入山。
林を突っ切り、沢へ向かって降りていき、ゴーゴーと流れるアシ沢を橋で渡る。ひと登りでまた林を歩く。急登となりぐいぐい高度をかせぐ。ひさしぶりの快晴、葉っぱが日差しを和らげる。
少し平坦になり「巨楢」の脇を進む。登りに転じて、粘土質のトレイルとなり、斜度も増す。緩歩無休を続け、月心清水分岐。
          木漏れ日のtrail

       センジュガンピ

何カ所かロープの下げられた急登を過ぎる。先月末にミヤマキンポウゲが群生していた所は、ちょうど端境期でハクサントリカブトは未だだった。
一服平まで上がったものの、青空に手招きされるがままにそのまま進む。
                     重なり合う山並みと磐梯山

  牛首山北峰付近からの御西、飯豊本山、一王子、御前坂、草履塚

牛首山以北もハクサンシャジンが末期で、はっとするようなお花畑は見られなかった。しかし、
それを補って余り有る山岳展望が四方に広がっていた。
          大日岳山頂 後方西大日岳、その後方蒜場、さらに後方五頭連峰

5:50 湯の島小屋近くの空き地発            7:00 月心清水分岐          8:00 一服平     8:50 早川ノ突キ上ゲ       9:35  牛首山北峰          10:30  大日岳山頂      【登り:4時間40分】 
      ここで融雪水をとり、弁当タイム

                    ミヤマリンドウ

  大日岳から下り 御西、本山への尾根がうねるのを眺める

                     牛首山を見下ろす

       ミヤマアキノキリンソウと、、

       たおやかな稜線 切れ込む谷間に 未だ残雪

                       ウメバチソウ

       牛ヶ首から北峰への登りの途中から「また来るよ 大日岳」

                             裏川

             牛首山の南峰(だと思う)

【下り:4時間40分】
11:42 大日岳山頂発             12:51 牛首山北峰               13:56 早川ノ突キ上ゲ            14:25  一服平              15:15  月心清水分岐             16:20  スタート地点着      
【歩いた距離:14.7km】
登りで休憩をあまりとらなかったからか、下りで脚は悲鳴をあげ、多く休まざるをえない状況だった。トータルで考えると、疲労のいかんに関わらず、定期的な休憩、エネルギー補給を意識的に行う方が結局時間もかからないのかも知れない。

玄関にもどる