10/7 大日岳
晴れの予報が出ると、山へ行かなければならないといった、ある種の強迫観念のようなモノがある、、のかもしれない。少しの期待を持って、いつもの登路へ。
通い慣れたコースということでさほど気合いも入らず、前夜はフラガールを見ながら知らぬ間に寝ていた。
目覚めて、歯を磨き、ストレッチ。
3:38 家発
小松のセーブオンで買い出し588円也。焼きそばと牛乳を食べる。R459水沢集落手前の縄文の水で給水。中村集落の公衆トイレで用足し。湯の島小屋で前泊の東北3人娘(2月に白太郎山で会っている)が歩きはじめているところに出会う。こちらも支度をする。

今回のコース
6時歩きだし
涼しいだろうと水は2リットル、いなり寿司3個パックとおにぎり1個。100円のミニクロワッサン、これにパン工房のポテトツナをつけて行動食に。予備として、カロリーメイトのゼリー1個、ブロック1箱。コンロもアルコールも持たず、あとは雨具とツエルトと着ている物より厚めの長袖&ウインドブレーカーぐらいなもので、不安になるぐらい軽い。
6:10 登山口
まだ日の射さない林を抜け、木のはしごで下り、沢身へ下ってアシ沢を橋で渡る。ひと登りで平らな林となる。登山道を示すプラスチックの看板が所々地べたに置いてある。また急登となり、大きなナラの手前で平坦と感じる。月心清水までの区間で唯一わずかに下る所があり、その下降ポイントが地形図の994。粘土質の上に枯れ葉が少し乗っていて少し階段状になった所を歩いていると上から話し声がして
7:03月心清水分岐 2.15km
koizumiさんともう一人がいた。休まずに前進。ロープのある掘れた急登を過ぎ右へ曲がると、朝日をもろに浴びる水晶尾根が左に見える。
                     飯豊本山が見えてきた  7:10

    1200m付近の紅葉はまだまだ    手前の赤いのはオオカメノキの実

 花崗岩質で左が滑り台のようになっている 右の灌木をつかみながら進む

                      水晶尾根  7:30

7:50 一服平 3.32km
          一服平からの御西、本山、草履塚

   早川ノ突上ゲ手前から振り返る 右上に一服平が見える

8:25 早川ノ突上ゲ 4.31km
オンベマツ尾根はここ「早川ノ突上ゲ」で劇的に景観がきりかわる。この演出のしかたが好きでついついここへ来てしまう。
  盛りの一歩手前  さらに日陰になっている、、、 左奥=大日岳

   スポットライト浴びるマイナー12名山:烏帽子山 左奥=蒜場 その後ろ五頭

                      この日のベストショット

9:05 牛首山標柱 5.06km
9:26 牛ヶ首 5.91km
         惣十郎清水付近から振り返る牛首山 9:53  

10:05 大日岳山頂 6.82km
                  バックはいつも西大日岳

           大日岳山頂から主稜線 中央=十文字鞍部

          山頂から一段下がった所で見下ろす牛首山 ここでおにぎりタイム

10:19 下山開始
                   御西への道と天狗岳

         なんの葉っぱだったっけ?

早川ノ突上ゲから降りてきたところ

            トリカブトは今

                     ブナを見上げる

          アシ沢と橋

         ダイモンジソウ

        おつかれ〜

14:20 スタート地点着
登り下りともに4時間かかるのはいつものこと。下りではザックを枕に短時間の昼寝。よってくる虫もほとんどいない快適なひとときをすごす。下りの時、山頂近くの岩稜と牛ヶ首の間で疲れた足がもつれ、尻餅をつく。またCW-Xが破けたか!とヒヤっとしたがセーフだった。牛首山西面の紅葉は1週間後が見ごろのような気がする。そして日に日に紅葉は高度を下げて、むこう一ヶ月は楽しませてくれると思う。この日はこの尾根にしては行き交う登山者が多かった。ハタノさんですよねと声をかけてくれた人もいてうれしかった。なによりも米沢と仙台から来てくれた3人が感激してくれたのが一番うれしかった。そのことがやっぱり良い登路なんだと再認識することになった。帰りに定番の清川高原温泉へより、5時前に帰宅。下山から24時間経った今、筋肉痛が出始めた。
10/8記

玄関にもどる