11/3 赤津山
赤津山は二王子岳と飯豊連峰の門内岳をつなぐ稜線上のちょうど中間にある山だ。かねてから行ってみたいと思い続けていた山ではあった。
5:45家を出る。 買物&朝食@コンビニ。上赤谷のT字路左折して少し行った辺りで、猿の群れ、路上で毛繕い、相撲をとっている小猿など、やりたい放題。少し前まではこの猿たちもここ赤谷や胎内界隈に行くと見ることができたものだが、近年五頭連峰を越えて阿賀野市の山間部、菅名岳界隈でも見るようになった。農作物の被害も聞こえてくる。
6:45 加治川ダム着。【45km】 中高年10数名パーティーがにぎやかに準備、言葉を交わすこと無く蒜場かはたまた焼峰か。ごく弱い雨があたる。
7:12 自転車で出発。先週もこの林道を自転車で走っているのでディティールはインプット済。
7:45 登山口着。自転車が3台。

今回のルート
7:52 登山口発。コンパスで北東方向の高みを目指すが右往左往。木の幹にペンキが塗られている木が出て来て、そういった幹を探しながら上を目指す。
8:15 尾根に乗る。平坦と感じるようになり快適にずんずん進む。941pが目立つ。
       8:32 赤津沢

9:16 941標高点。
10:00 1210p。松ノ木峰からの尾根が合わさる、、はずだがいまいち認識できないまま進む。大きなアールを描いて知らぬ間に進行方向が北から東にかわっていた。イコール西ノ峰はわからずに通過。あいかわらず刈り払いされている。緩く下って結構な登り返し。
10:53 地形図の池の東どなりのピーク(1390)。そこから急降下。ちょっとしたコブを越え、雨量観測所のアンテナ?避雷針?を見ながら緩登。
11:26 赤津山々頂。登り3時間40分。(ほとんど休まず) 4.97km
                 @山頂

       山頂から雨量観測所

コンビニおにぎりをほおばりながらガスが取れるのを待つ。風は無いが、じっとしていると寒い。
飯豊の主稜線は頼母木山以北が見える。これらの山々に雪は無いように見える。地神山以南は雲にかくされている。そして烏帽子山までパーンすると高度も下がるので確認できた。胎内尾根もよく見えた。二ッ峰が鋭さを一段と増して聳えている。(撮った写真はぼけぼけ)
                 雷岳〜桝取倉山〜ヤンゲン峰

晴れる兆しも無いので正午頃降り始める。

                         池のとなりの1390p

               振り返る赤津山

          二王子も見えてきた

     見上げる三本槍

ブナの幹のペンキに導かれ、歩きやすい所を辿っていたら登りはじめた地点より数メートル下流の林道へ飛び出す。デポした自転車が見え
2:55 出発地点着。【10.1km】
         林道にて

3時半頃 加治川ダム発。出湯のうるおいの湯400円によって、5時自宅着。

お ま け 
      2006 6/4 二ッ峰からの赤津山  特別出演ブヨ

 2005 5/29 胎内尾根 滝沢峰と一ノ峰の間辺りからの赤津山

11/7記

玄関にもどる