11/25 越後白山
3連休最終日はどうやら貴重な晴天となるらしかった。微妙に降雪もあったので行き先をあれこれ考えるがまとまらない。
綴さんの予定をメールで尋ねる。するとここ白山とのこと。しぇば、いっしょに混ぜてけろ〜メールを送信。わくわく気分で就寝 z z z z z . .

今朝は町内行事の「お宮様の落ち葉掃き」が6時半からある。今年は班長なので顔を出さないわけにはいかない。なんとか7時過ぎに終了。朝ご飯を急いで食べて(よい子はマネしないでネ)
出かけるころは濃い霧がたちこめていた。五泉の街を過ぎ、農道を走るころ通常進行方向へ白山や粟を仰ぎ見ながら進むのだが、左の菅名岳方面がかろうじて見える程度。30分弱で登山口である慈光寺へ到着。すでに多くの車が停めてある。スパイク長靴、冬用の大型バケットに換装したWストックと保険としてアルミのワカンという装備で歩きだす。

今回のルート
沢沿いの林道を行き、橋で左岸に渡り、1合目の看板から急登となる。この辺がGPSが衛星を捉えられない区間のようだ。下部は未だ黄色の葉っぱがきれいだ。
    2合目付近の黄葉

なるべく早く合流したいのでややオーバーペースで登る。暑くなり、ジャンバーを脱ぐ。ここは3合目までがきびしい、が、そこまでは長くはないのでなんとかなる。3合目へ辿り着くとそれまでに慣らされた急登の感覚から一変して水平移動と思える。ぐいぐい進む。3名パーティーをパスし、息も切れがちになるものの、やっぱりみんなと会いたい一心でついがんばってしまう。でもやっぱり頂上でしか会えないかなとも思ったりもしていた。4合目を過ぎしばらく行くと上の方がにぎやかっぽい。みんなかな?違うかな?と登っていく。すると「ハタノしゃ〜ん♪」「うぉ〜い」と答える。追いついて開口一番「あれ?山際さんズボン新しい!」 しばし歓談の後、トレーニング的な意味で頂上を目指す。2時間ほど要して山頂着。未だ濃霧の影響か遠望は効かない。しばらくするとにぎやかな歓声と共にみんなが到着。写真を撮りあって小屋へ入る。
 
                       @山頂

苦労の末 ワインのコルク栓が抜けたところ

    石狩鍋 made by 隊長

       煎ったばかりの焼き銀杏

  仏壇にお供えしてあったかのようなメロン?

                 宴の後 小屋から望む 粟

                          川内の山々

            下越山岳会さんといっしょに

          晩秋の小径

x