12/23 大段山
【大段山って?】
位置的には、蒜場山の南南東。棒掛山の東。旧鹿瀬に在ります。
この山に興味を持った所以は、烏帽子山がどのように見えるだろうか、と思ったから。

今回のルート
小荒(こあら)集落の端の道幅が広くなった所に駐車。実川に架かる橋に向かって下る道の入口には看板などはいっさい無し。畑にむかう道といった風情。橋は頑丈、今朝のものか一人分の足跡。実川右岸に渡ると杉林と壁のように山肌が立ちふさがる。登りやすそうな所は、、探すが、、せめて手がかりになるような木や草のあるコースを考える。なんとか攀じ登って平坦地へ。ここも杉林。地形図に建物マークがあるが、その残骸か、コンクリートの基礎のみが苔むしていた。ここでマーキング用のテープを忘れて来たのに気づく。なんとかなるだろうと進む。枝をつかみながらの急登をこなして行く。
ずいぶん高度をかせいだつもりでGPSをのぞいて高度をチェックすると未だ200mを過ぎたばかりで落胆する。おびただしいほどのイワウチワにつややかな葉。植生はいろいろと変わる。そのつど歩きやすかったり、歩きづらかったり。
650m付近で谷へ下り登り返す所があった。ここで弁当を半分食べ、ワカンを着ける。枝の隙間に体をねじ込みすりぬけようとしてもひっかかって、蜘蛛の巣に捉えられた蝶のようにもがく。さらに足場も悪い。この辺が一番悪かった。頂上直下では雪の上を快適に歩けるとの楽観的予想とはかけはなれて歩きづらい状態が続いた。天然杉の混成する林はあまり快適とは思わない。一番高そうな所まで行き、GPSで確認、頂上のようだ。
                     かろうじて見えた

           まっしろ しろすけ蒜場山

雪のある下りはやはり気持ちいい、快適に下る。ワカンを着けた辺りで外す。途中で残りの弁当を食べ、途中、はねのけた枝がはねかえり下瞼を強打、痛さと驚いたのとでしばし立ちすくむ。しばらくして涙が。幸い見えなくなることは回避できたようだ。登山道が整備されていない山では、目の保護のためにサングラスが必携だと再認識。最後の急斜面の降り口がわからず、草をつかみながらおっかなびっくり降りる。なんとか日没前に車に戻ることができた。
x