2/11 二王子岳
登り:4時間50分   下り:3時間20分   往復16.0km
年末から正月休み、週末の休日は軒並みさえない天候が続いた。当然、山への気持ちも高まらない。ここへきてやっと休みと好天が出会うらしい。50日近いブランクという不安を抱えつつ出かけることにする。
5時過ぎに起きて、新聞を取りに外へ出ると星空。歯磨き、脚のみストレッチ。昨日のカレーの朝食。ご飯と漬け物3種の弁当。
5:43家発。
40分ほどで南俣へ。車はまだ2台のみ、もっと多いと予想していたのでいささか肩すかし。庭先へ出て雪いじりをしていた人にどこへ停めたらいいか尋ね上の方へ駐車。装備等は、3シーズン用の皮の軽登山靴、Wストック、スノーシュー。水900mlが2本。ツエルト、ガスコンロ、ヘッドランプ、着替え、軍手、ゴム手袋、昼の弁当、非常食400kcal。

今回のコース
6:40 南俣.駐車地点発。たんたんとした林道歩き、ぽかぽかしてくるが、汗をかきすぎないよう薄着になる。7:10「神社へ10分」の看板で左折。

          7:30〜 二王子神社〜7:36

入山届けの帳面に記入して杉林へ。どうもここは閉塞的な感覚がする。いったんその杉林を抜けて登りきった所が1合目、7:55。1ヶ月以上も山行らしいことをせずにいたので、心肺機能の衰えを感じずにはいられない。立ち止まり息を整える頻度が多くなる。3合目の小屋は南側を通るので気づかず通過。
                             8:39 五頭連峰

8:46 800m付近の見晴らしの良い所にてスノーシュー装着。9:01発。
9:37 5合目 定高山 積雪3.8m 青空広がる。
                     9:56

                  10:02 南方向 守門と手前は川内の山々

                       10:06

                          10:17

やはり山行らしい山行から遠ざかっていたためか、長く歩き続けられない。20秒進んで30秒休み息を整えるといったペースに。しかし上空の青空に励まされ、眼を閉じると浮かぶ飯豊の山並みに会うんだぞの一心が脚を前に出すエネルギーとなり続ける。

                             11:18

                       杁差岳、鉾立峰

                       連峰中央部

                 トレースありがとうございました

11:30 山頂着。登り4時間50分。
         今年もよろしく today's lunch

               青春の鐘の柱

                北方向 朝日連峰

11:55 山頂発。
                大日岳

斜度のある下りはトレースの無いラインへ。スノーシューでばふばふ降りていく、浮遊感がここちよい。しかし、どうしてもトレースを辿る必要のある所ではワカンの方が適していると思う。
13:10 5合目 定高山。
       13:22 スノーシュー外す

14:12 1合目。杉林に積もる雪が溶け、ぼたぼた落ちる中を進む。
14:28 二王子神社。登山届けをみると、それでも10数名の記入があった。
14:38 看板。日のあたる所は少なく、つぼ足でもぬかることは少なかった。
15:12 駐車地点着。
15:23 駐車地点発。混み合う中、村杉.薬師の湯経由。
16:35 家着。最高のコンディションに恵まれ幸運だった。山はやはり素晴らしいと、これでもかと思い知らされた。もっと楽しめるように心肺機能と筋力の向上に努力しよう。
2/13記

玄関にもどる