3/9 高知山〜二王子岳
高知山経由の二王子岳の素晴らしさは実際行った人の話しなどで聞いていて、行ってみたいコースではあったのだが、地形図を見てもどこを辿るのかイメージできなかった。
しかし、ここへ来て休みと晴れがシンクロするらしい。時期的にも今がベストであろう。考える前に、見る前に飛べ!ということで、思い切って挑戦してみることにした。
拙宅のご飯の炊きあがるのは5時。本当は家で弁当を詰めて行きたいのだが、日の出も早くなってきており、今日はコンビニで食料調達ということに。畑江のセーブオンへ寄る。なんといっても安いのが良い。トイレも借りて準備万端。南俣へ着くと、まさに縦列駐車の長蛇の列。だいぶ上(かみ)に停める。

今回のルート
               林道にて 朝日射す

一ヶ月前同様の装備で歩き始める。初めて通る林道。それほど冷え込まなかったのでぬかるようになり、スノーシューを着ける。
    自らを 映して撮る

林道沿いのトレースはまだ続いていたが、行き過ぎたと思いもどって地図上で目を付けておいた斜面へ取り付く。結果的にこれが誤りだった。胸がつかえるような斜面で降りるに降りれなく、上へ上がるしかなかった。あるのはアニマルトラッキングのみ。尾根に乗り、斜度が緩んでも、足場の沈み込みが大きく、一歩かせぐのにも時間を要した。そんな悪戦苦闘を1時間半続け、678pでようやくポピュラーなルートと合流する。腿の裏が悲鳴をあげていた。体力面でこれからの長い道のりを考えると歩き通せるのか非常に不安になっていた。
another side 五頭連峰

多くの人が歩いたトレースが登りでは、やはり楽だ。いつのまにか脚の疲れも軽くなっていったようだ。しばらくすると去年の白太郎山以来の再会となる、小国山岳会の竹田さんと会う。スキーを担ぐために止まっていた。さらに進んで行くと、小国の井上さんと、長岡の笠原さんが。挨拶して先へ進む。次はスキーの2名。下越山岳会の笹川さん、渋谷さん。そうこうしていると高知山の肩へ出る。まわりがぱっと開ける。風も強くなりフードをかぶり、少し腹ごしらえをする。
            10:48 今日の最南端ピーク1128をめざして

               1128から

風は冷たいが眺望の雄大さに気分は稜線漫歩。1128pからは大日岳がとても近くに見える。この辺りのロケーションの良さに初めての場所ながら、お気に入りの場所となる。幕営したら、、、と夢は広がる。
  1128から  北また岳                手前 赤津山  奥 大日岳          烏帽子山  

場割峰1217の裾から北東方向へ。

三王子への登りが「どぉーん!」と立ちはだかる。腹ごしらえののち、休み休み行くしかない。
           風の通り道なのか   三王子の登りで

                 大日岳                     烏帽子山

                     北方面  朝日連峰

                             思いは彼地へ

飯豊山 駒形山         大日岳                    風上に向かって成長していく巨大オブジェ

                                            9合目のポール

5:12 家発
6:31 駐車地点発
8:05 斜面に取り付く
9:35 678p
10:43 高知山
11:10 1128p
12:08 1170p(場割峰の北東)
13:17 三王子
13:37 山頂 【登り:7h!】
                     HZUさんたちと思われ

            辿った道を感慨深く眺める

              くるくるまきまき

14:00 9合目
14:58 定高山(独標)
16:08 神社
16:50 駐車地点着 【下り:3h15m 歩いた距離:20.2km】
17:04 駐車地点発
17:42 家着
  往復65km ガソリン代およそ800円 食料:おにぎり2個、いなりずし3個(105円×2+160円)パン約300円。しめて1500円弱。

※今回は高知山から場割峰の辺りの景観の良さ、雰囲気の良さが記憶に残る山旅でした。林道歩きも予想していたよりも飽きることもなく歩くことが出来た。次回いつ歩けるかわからないが、林道はヘッドランプ使うぐらい早立ちできればと思う。
3/16 記

玄関にもどる