4/13 光兎山
数日前の週刊天気予報では、土曜:曇りのち晴れ、日曜:晴れのち曇り となっていて、夕景+星空+夜明けを山の上で堪能できるかもしれない。テント泊デビューか?と期待させてくれた。
しかし予報は土曜:終日曇り 日曜:晴れのち曇り。
日曜の午前中が勝負。思い浮かぶのは
1.胎内林道 冬期閉鎖地点(未確認)から、鳥坂峰〜高倉山〜大樽山と連なる尾根のどこかへ上がり、杁差岳を眺める。
 地図を読み、山行記録を参照すると、どうも難しすぎる気配。よって却下。
2.おととし登ったが全く展望が得られなかった:大境山。
 雪の残る今はルートファインディングに全く自信無し。よって却下。
3.なぜか今まで訪れる機会の無かった:光兎山。
 行くならば、少しでも雪の残る時期と思っていたので、ここに決定。

3時半過ぎに一回起き、炊飯器のスイッチオン。その後二度寝。再度起きると4時40分。5時には出たかったがアウト。ゆうべのカレーライスを食べ、
5:25 家発。
かすみがかった「ぼわ〜ん」とした鈍い光を放つ太陽。本当は今朝は「空き缶拾い」に就かなければならないのだけれどフケて山へむかう。桜、今が盛りと咲き誇る。昔日には「この辺では一番」と誉れ高き桜の名所だった「大日原」もよる年並には勝てずといったところか、老木が多くなってきているようだ。村杉に来ると、桜のアーケード状態となっていて素晴らしかった。青空が出ていたなら停めて撮っていたところだが光線弱く素通り。なじみの畑江のセーブオンにすべりこみ、鳥五目おにぎりといなり寿司の3個パック+缶コーヒー、しめて370円。月岡を過ぎる頃から肛門をノックしてくる。シバタマミヤの手前にトイレがあったのでそこでと考えるが、行ってみたら、空き缶拾いのベースになっていて大勢の人がいたため、ぐっとこらえ、五十公野のセブンへかけこみほっとする。北上する中、菅谷や上荒沢ほかでも空き缶拾いを実施している所が多かった。R113とぶつかるT字路、いつもは右折だが今日は左へ。そこからは初めての道。朴坂山を左に見て、女川沿いに右折。千刈から簡易舗装の林道はびびるほどの急勾配。ほどなく登山口着。6:42 65.8km。

今回のルート
7:15 歩きだし。
道路標識並の立派な看板に導かれ杉林を進んで行く。地図の333付近までは斜度があり、少しずるずるする所もあった。その後は水平移動と感じるほど緩やか。
7:53 T字路(中束からの道が接続)。
                                      ヘンな顔

今季初のイワウチワとの対面。
8:19 虚空蔵峰(629.4)。

虚空蔵峰の先、それまで東進していたのが南(右)へと向きを変える辺りは、雪が残り前方も右も行けそうな雰囲気があり、コンパスとGPSで確認する。すぐに雪の消えた登山道が出て進む。
                          根開き

8:50 観音峰。
       観音峰の祠に祀られている観音様

観音峰からの下りは、少し北に降りてすぐ東へ向かうのだが、まっすぐ北に進み過ぎて登り返す。
9:42 雷峰。
                         雷峰からの光兎山

  杁差    と     二王子   9:30

10:07 山頂直下の鞍部。
10:31 山頂。
 最近ズボンがきっつぇ 67キロ超 こうやって見るとハラ出でんガンようわがる

     後方 鷲ヶ巣 出過ぎ?

11:15山頂発。
                        11:18

     今日 初めて会った人   11:30

12:01 雷峰。
              登路上に鉄砲    12:19

  熊を探す                              12:32

12:35 水場分岐。
12:41 観音峰。
13:12 虚空蔵峰。
13:32 分岐。
14:04 駐車地点着。 往復11.4km。
ワカンとピッケル、さらには8本爪アイゼンも携行してのぞんだが、何も使わなかった。
展望は一級品だと思う。特に朝日連峰の並びがよくわかる。かたや飯豊の方は、主脈が縦に重なるので北端の杁差、その手前の大境山などがわかった程度。
帰りに胎内パークホテルの風呂へ初めて入る。すいていて快適だった。風呂上がりにとなりのコンビニで「胎内ジャージー牛.アイスクリーム」を買って食べる。が、普通の味だった。
4/16 記