4/29 鍋倉山(1107m)
なぜか気になる山だ。他の頂から、この山を見て登頂意欲をかきたてられた、、とか、そういうのも無いのだけれど。
10年ぐらい前の20万分の1地勢図には破線が描かれている。ということは、かつて登山道があったのだろうか。しかし地形図の破線もいいかげんだからなあ。
快晴となる今日、いくつかの候補の中からここをチョイスしたのは、新聞の運勢の吉方が南西となっていたから。
大きな赤い「大谷沢橋」のたもと近くに駐車(左岸)。反対側のたもとには山菜採りの入山をチェックする人がいた。
準備して歩き始めるが、どこを行けばよいのかわからず右往左往。ちょい藪に突っ込んでみたりして、はっと忘れ物に気がつく。それは「マーキング用の紙テープ(色は桃色)。」これが無いともどって来られる自信が無い。取りに車までもどる。時計は8時近くになっていた。
しきり直しで歩き始めるが、相変わらず「道」を見つけあぐねていた。下の方をのぞくと車が停まっているのが見える。そこまでどうやっていったのか、頭の中にはてなマーク点滅。また右往左往して踏み跡を発見。

今回のルート

9:44 主尾根に乗る(400付近)

                 11:54

12:25 旧村境(1035m)
            大峰(929.3)への尾根

12:51 山頂(6.13km) 登り5時間
          銀次郎とか五剣谷だと思うが どれがどれやら....

                 西のピークから山頂

1:50 山頂発。
                         歩きはじめの橋が見える

                        熊狩り衆     (2:20  920m付近) 

                不明瞭な所も

              マーキング 

          二重山稜地形 谷筋を利用  前方:御神楽岳

                      大谷沢 ここらで徒渉

                         橋が近づく

4:24 駐車地点着 11.4km  下り2h35m。  
10年ぐらい前に「新潟の低山藪山」で読んでこの山を知った。その頃は沢を渡って行くなど「自分には無理」な山だと思っていた。当時は登り2時間ほどの山を年に4〜5回登っていた。
旧村界の雪堤に立ち思った。いつか日本平山と繋げられる日が来るだろうか、と。
5/3 記

玄関にもどる