5/3 日本平山
前置き
かかの体調がどん底であった。気管支が弱い。1日の夕方、夕飯の支度中に人体に有害な大気汚染物質がのどに付着したらしい。声が出なくなり、翌日は休む。休んで医者に診てもらえばいいものを、寝ていれば治ると思ったのか行かずじまい。3日の朝、微妙に悪化。当市の休日当番医を調べ、そこへ連れていく。旧笹神の医者だったのだけれど、そこへ行くまでに車窓から見る、粟ヶ岳、二王子岳などが距離的にいつもより近くに感じられた。異常なまでにすっきり見える。それまで「山な気分」ではなかったのが、脳みその中では一気に「今から行ける山」の検索をはじめる。
近くて、展望に優れていて、新緑も楽しめる。そんな条件をクリアしヒットしたのがここであった。
10:22 家発。
10:52 登山口(早出川ダム)着。21.5km。
11:03 スタート。

今回のルート

11:55〜12:10 金ヶ谷(徒渉)。
 金ヶ谷は水量はさほど多くないが足を滑らせて靴が水没、最悪、頭を強打、、などといわないように靴を脱いで裸足で渡る。思ったより水温は冷たくなかった。足をふきふき、靴を履き直す。そこからの急崖にはアルミのはしごが設置してあり重宝した。ザレたへつり気味の道を慎重に進む。
12:20 駒の神。
 駒の神を過ぎて間もなく この高差200mほどの登りがきつい 12:25

 510m辺りで水平になり、ひと息つける。641pの手前で南に向きを変えると、粟と飯豊が見えた。
GWの山というとこの花のイメージ 「タムシバ」

1:17 トコヤ(鉱山跡)。
 ブナ林になり、それまで居なかった「ブヨ」がまとわりつきはじめる。

1:50〜2:10 弁当休憩。
                            ガンガからの眺め  2:24

 最後にとどめを刺すかのような山頂直下の高差180m、雪の上、重くなった脚をゆっくり出し続ける。
2:46 山頂。
 山頂では山の神から418,588(588までは道有り)を経て、日倉山まで薮こぎしてここまで来たというソロと会う。実に10時間かかったとのこと。どこにでも凄い人はいるものだ。

                              飯豊遠望

4:51 金ヶ谷。

5:55 駐車地点着。6:05 同発。
6:30 家着。 往復50.3km。  ガソリン代約560円(157円/リットル、燃費14kmで算出)
5/5記

玄関にもどる