この週末は珍しく「誘い」が2件あった。そしてとなりで寝ている人の体調不良がしつこく長引いていた。そして海のむこうの島では「佐渡ロングライド」という自転車のイベントがあった。先ず、在宅で肩をもむのにひとり。誘いの2件にそれぞれひとり。佐渡にひとり。体が4つあったらなとかなわぬ思いを腹にかかえていた。

3:31 家発。
 関川のセーブオンで塩焼そば160円を買うつもりが品切れ。しかたなくお好み焼きと焼きそばがいっしょになった物を朝食とする。
大淵のゲートで検問、山菜採りか登山かのチェックか。
5:23 飯豊山荘着。93km。
 東北大学の研究員トリオ 飯豊山荘前にて

 飯豊山荘のトイレを借りようとしたが鍵がかけられていて使用不可。テーブルと長椅子のある所で上の画像の3人が準備していて少し話す(日本語)。

  このコースでのばったり再び ご存知ヒロタン


今回のルート
【装備】ピッケル、Wストック、8本爪アイゼン、スパッツ、3季用軽登山靴。地図、シルバコンパス、GPS。
6:22 飯豊山荘発。

             新  緑

 時おりささやく鳥のさえずり、見上げる青空、透き通った新緑。それらに包まれて歩く林道。また今年も遊ばせてもらいます的な気持ちに。温身平の十字路で現れる梅花皮岳に気合いを入れ直す。その先林道上に残雪が覆う所も。
6:50 上の砂防ダム。
 ここまでバイクか自転車でアプローチ可能。階段を登るとシングルトラックの登山道。この時期歩きの者よりスキーの者の方が多いような気がする。スキーが枝につかえて苦労している。
  この人にパスされる 仙台からだったかな?          7:31                  

7:35頃 梶川の出合を気づかぬまま通過。
8:00 石転び沢の出合。【5.54km】
 アイゼン(8本爪)を着ける。
                石転びの出合から

           ステゴザウルスの背びれ:幸七尾根        8:22

8:56 ほん石転び沢の出合。【6.73km】

今回ピッケルは使わず、ストックのリングを外してそれを刺しながら登った。雪がぐさぐさだったので、この方法が恐怖感無く快適に高度をあげることができた。息切れして止まって休む頻度と時間が多くなり、心肺機能のアップに励まなければと思った。
              胸突き八丁

 小屋も近いだろうという頃には、スキーで滑ってくる人たちとも交差するようになる。小屋直下は左へ斜上すると思っていたが、先行者のトレースは直登しているので「梅花皮小屋って、このまま、まっすぐですか?」と訊く。「このまま詰めれば小屋です。」とのこと。傾斜も緩み、小屋が見えてくる。すると、ちょうど粟さんが居て声をかける。
10:45 梅花皮小屋。登り4h25m。

粟さんに聞くと、天狗平を5時に発ち、ノントレースの雪渓に足跡を刻んできて、北また岳まで登って降りてきたところだそうだ。踏み跡が無いということは、どこを歩けばよいか常に考えながらなので、2番手以降の労力の数倍難儀だったであろうと推測される。
    大日岳と逆光の筆者

      治二清水にしては細い が 必要十分

11:30 梅花皮小屋発。
 恐怖の下りへ足をかける。個人的にはこの時期の梶川、丸森の各尾根も充分怖いのだが、今回はここを降りなくては意味が無い。kenrokuさんたちと会うのが今日のメインディッシュなのだから。小屋からしばらくはまあまあの角度。その先は先が見えないほど。ぐさぐさの雪ではあるがやっぱり怖い。後ろ向きに慎重過ぎるほどトレースをなぞっていく。登りで会った新津のWさんはひょいひょいと降りていく。のどはカラカラ。そんなふうにしてなんとか草付きまで辿り着く。下を見下ろせば、kenrokuさんグループらしきパーティーを確認。そこでコンビニおにぎりなどで大休止。

                      EVA父さん☆

 「ケンちゃ〜ん!」と呼びかけるが、どうもいまいちわかってないようだ。

                                  konchang  ケン坊   まりっぺ    ハイジ

                   ECB       てっちゃん

           LTQ              12:53

    テレマーカー この日あったのはこの人のみ(わかった範囲で) 他はアルペン

 雪渓から上がる所を行き過ぎ、上の砂防ダムまででも、2回ほどコースアウトしてしまう。
                   午後の光り

2:55 駐車地点着。
 川入荘の露天風呂へだぼん。
5:17 家着。187.6km。燃料費:約2100円。
 やっぱり梅花皮小屋で夕陽と朝日を見たかった。
5/20 記

玄関にもどる