6/15 粟ヶ岳(中央登山道往復)
粟はさゆりちゃんも咲き出し、未だお目にかかったことが無いサラサドウダンとも会いたい。ということでここにする。

ごはんをタッパに詰め、ゆうべのカレーをジップロックに入れる。
 担ぐより楽だが 重心が高過ぎ パニアバッグが欲しい

6:20 こぎだし(家発)
日本放送協会ラジオ第1を聞きながらペダリング。鼻歌が出るくらいの状態をキープできるように、つまりは心拍数を上げすぎないように。この状態が脂肪も燃焼しやすいとのこと。弱い北風が追い風になって実に快適。水源地を過ぎ、砂利道を少し進んでパンクがこわいので自転車を木にロックする。
7:55 駐輪地点着。

今回のルート
8:20 歩きだす。
 少し歩くと「権ノ神岳登山道」の標柱。いつの日か、ここから歩きはじめて周回してみたい。その日は来るのだろうか。
8:45 1合目脇の水場で給水の後出発。
 水は行動時用に2Lのプラティパスを満タンに。斜面に取り付くと、はじめは急登。2合目で平らになり、またきつくなり、、
9:15 3合目。
 長瀬神社からのハイキングコースとつながる。ひと息入れて進む。
             9:30

9:43 大栃平。
 3連梯子、手も使い通過。
10:16 6合目 粟庭の頭。
      分岐から5分 冷たかった 10:30

10:43 7合目 避難小屋。

なぜか今まで会う機会がなかった 好きになる

             中峰(1264m)付近から東南東の眺め

11:40 山頂。
 にぎわう山頂で顔見知りの人とばったり。その人とは先ず門内小屋で会った。胎内尾根登りのアゴク峰下りというルートだった。2回目は銀太郎山の先で。今回が3度目だ。
 
             山頂にて

 肩幅の広い浅草岳の向こうに尾瀬.燧ヶ岳の2つの耳がよく見える。守門は近いわりにやや霞んでいる。目をこらすと米山のスカイラインがぼんやり浮かんでいる。北側はガスっぽい。飯豊はおろか、二王子もわからない。御神楽はくっきり。
       今日のお昼

12:40 下山開始。
              山名、誤記のさいは指摘ねがいます

 「がく」がつんつんしていないウラジロヨウラク

              北峰から北東方向

            権ノ神岳への道

                  すずなり

                 小屋に飾られてある 白い粟

       3度目のばったり♪

1:30〜35 小屋。
1:45 6合目 粟庭ノ頭。
3:00 登山口。
3:10 自転車デポ地点着。3:20発。
  七谷コミュニティセンター前にてパッキングし直す 3:50〜4:00

 弱い向かい風の中、トーキングFMを聞きながらペダルをまわす。
5:35 家着。

 昨日、今日と腿が痛い。
6/17記

玄関にもどる