6/21 松平山〜五頭山
歩いた距離 13.4km
6:18 家発。
  懲りずに自転車で登山口へ。最後はなかなかシビアなヒルクライム。距離12.25km。
7:25 登(下)山口着。

今回のルート.通過時刻
7:50 歩きだし。
 舗装された林道を進む。橋で進行方向右手の斜面から水が流れ落ちている所があり、そこで給水する。
8:05 登山口。すぐに沢へ降りていき、丸太数本を束ねた橋を渡る。ひと登りして沢を右下に見下ろしながら、少しへつり気味に進む。

8:28 T字路。左折、登りが始まる。直進方向は進入禁止の看板。
        ニガナ

 

9:15 山葵山。展望は良い。 弥彦が接空線を雲から出している。
  山葵山から松平山をのぞむ

  雷清水の看板から水を求めるが、ほぼ枯れていて給水不可。
10:31 松平山々頂。展望は乏しい。
 この先市境線沿いに北上して、あわよくば金鉢山まで、、などと考えていた。しかし、知らぬ間に南を向いて歩いていた。すなわち分岐点を見逃し通り過ぎていた。時間的&体力的にもどるのは厳しいと判断して、そのまま五頭へ進む。
 松平山と五頭山の間は展望を得られる箇所は少ないが、今日みたいに日差しの強い時には木陰がありがたい。
         大日清水 細いが冷たい 11:30

        冬期の積雪を物語る木の幹

      五頭山 三角点にて 筆者  後方:蒲原平野  12:09

12:16 菱ヶ岳との分岐。
 前一ノ峰で休んでいた人たちと話す。御神楽岳のとなりの笠倉山の話しに興味を持つ。

                       中央:三川温泉スキー場

1:00〜1:50 四ノ峰にて大休止。
                   四ノ峰にて 先客の2名

直射日光もろ浴びはつらいものがある。手拭いをほっかむり状態にし、扇子でぱたぱたして凌ぐ。
           ↑きょうのおひる↓

2:00 五ノ峰。小、中学校と学校登山で訪れた頂。中学ん時は、出湯小学校(現:郷土資料館)まで各自自転車で集合。烏帽子岩経由でこの五ノ峰を目指すというものだった。学校登山は好きだった。今、眼前に展開する蒲原平野は当時とさほど変わらないように見え、この景色が登山の原点なのかも知れない。と、それを見入る。が、涼しい風も無く、陽に灼かれ、とどまる気にはなれず、灌木帯へと下りだす。
2:17 赤安山と出湯との分岐。
 そのすぐ後、左足が横に「ぐきっ」となる。「やってしまった」と思ったが、その場にへたりこみ、恐る恐る確認&ストレッチ。支障無いようでほっとする。
2:46 赤安山。
 下りが続くと、つま先が痛くなってきた。そこで、後ろ向きになり、目線は斜め後ろを振り返るように進行方向を。つま先は山側、かかとは谷側となり、つま先の痛みは緩和される。これはほどよい傾斜だからできることであって、急斜面では難しいと思われる。

3:30 下山口着。
 地下足袋を脱ぎ、5本指靴下を脱いで足を解放させてやる。足が深呼吸するかのよう。トレッカーからサイクリストに着替え、
4:03 下山口を後にする。この時、ストックをパッキングするのを忘れ、翌日取りに来るはめになろうとは、、。
小さな登り返しはあるものの、概ね下り勾配の続く帰路、信号に引っかかる車と前後するようになると、よせばいいのにはりあってしまい、心拍数を上げ過ぎてしまう。
今回のfootwear : 【力王の12爪地下足袋】 by ワークマン

4:34 家着。
 虫の類いは全く気にならなかった。

蛇足  【なぜ地下足袋?】
 アプローチに自転車を用いなければならない現状。

自転車の時の靴をどうするか?
1.登山靴
2.自転車専用靴+ザックに登山靴

1と2を比較検討。

で、パッキングしてみる。
問題発生:登山靴がザックに入らない。
そこで畳めば小さくなる 地下足袋を試そう という結論に達する。

   ペダル  自転車専用靴の底 ペダルと一体化する

通常ペダルは「踏む」運動を左右交互に行うと思われがち
しかし、上記のペダルと靴によって
左右のペダルそれぞれが下死点から上へ持ち上げられる時
靴(足)によって「引き上げる」ことが可能になる。
ペダルは「回す」ことになり効率が全く違ってくる。

6/26 記

玄関にもどる