7/5 飯豊山表参道往復
ネットでのみ、やりとりしているKYAZUさんが、免停状態の私を気づかってくれてご一緒してくれる運びとなった。本来先週末に御弊松尾根をプランニング&不特定多数に呼びかけ→結果問い合わせ0件。天気も思わしくなく、その計画は流す。そして今日が来た。御弊松は山開きでバッテイングしたくはない。去年、今年と飯豊の稜線を歩いていないKYAZUさんとしては飯豊を希望。2人ともまだ未踏の表参道から行ける所までということで落ち着いた。

3:30 安田発。
 たしか1時間45分前後を要して登山口の御沢野営場に着いたと思う。見慣れた白いセダンは綴さん。準備して出発。

今回のルート
両脇杉が立ち、幅の広い林道を進む。数分でぶっとい杉と栃の木のある登山口。飯豊の多くの登山道はいきなりしょっぱなからがつんと急登、というのが通例である。しかし、ここはと言えば実にマイルドな傾斜である。下(しも)、中、上の十五里、過ぎれば笹平、横峰小屋跡とポイントが頻繁に現れる。秀峰水で冷たい水を補給。
    ミツバツツジ

          ヒメサユリ

             ミヤマクルマバナ

地蔵山からの道と合流、平坦で湿度の高いトレイルとなる。三国岳に連なる稜線にひときわ鋭く尖った一ピークが目を引く。七森だ。
               剣ヶ峰

剣ヶ峰を慌てず騒がず通過し、ひょいと現れる三国小屋でザックを下ろす。少々の腹ごしらえ。視界が効けば展開する大日岳は心の眼でイメージする。
             アカモノ

            ミヤマキンポウゲ

                     ニッコウキスゲ  夏だね〜

三国小屋での休憩を終え、再びザックを背負い下り始める右にシラネアオイ数株。花も多彩になってくる。鉄鎖の登りは駒返シ。
       ハクサンチドリ

地蔵山方面から望まれたとんがりピークの七森。その標柱、頂は通らず、西側を巻いて通過してしまう。藪をこいで頂点に、、と入れそうなとこは?と物色するが突っ込めそうな所は見つけられない。
根本まで露出した種蒔標柱。切合小屋も確認できる。残雪を二度ほど踏んで、掘れてトンネル状になった道を進み切合小屋へ。
小屋では作業をする2人。ここでも空いた小腹を埋めるべくもぐもぐ。冷たい水も入れ替えて気分も一新。
                ツマトリソウ

草履塚へは残雪の登り、夏道へ入ると灌木のトンネル状態。標柱に立つ。ここからの実川源流部を隔てて展開する大日岳〜牛首山に会いたかった。しかし、今日は閉店シャッターガラガラ。
           ヨツバ(クチバシ?)シオガマ

            大日岳はその姿を見せることはなかった

草履塚の北のピークからもったいないほど下って姥権現。
         今日の姥様

御秘所を手を使って慎重に通過。最後の難関「御前坂」に足をかける。所々赤ペンキで丸印があり、それをつないで行く。上から2人降りて来た。
   こいずみさん               いのくにさん

いのくにさんは3月の二王子以来、こいずみさんは4月の花見山以来だ。しばし歓談の後交差。
なんとか御前坂を登りきり、石の積み上げられた一王子。そこからは一投足の本山小屋。
山頂を目指し歩を進める。
           花の終わったチングルマ

                     山頂から宝珠山

          チングルマ群落

            キバナノコマノツメ

             ミヤマハンショウズル

               めおと&ハイジ

             シラネアオイとその中でもぞもぞする蜂

               キジムシロ

                           巨杉と筆者

距離21.8km。12時間半。
 いいでの湯へ。夕方5時以降300円。館内の公衆電話から帰るコール。8時半前帰宅。
7/10 記

玄関にもどる