8/3 御西岳(御弊松尾根往復)
【気づいた点】
 月心清水〜一服平間で登路が崩落しかけ、足場不良の箇所にはロープが設置。
 一服平〜早川ノ突キ上ゲ間、登路に草本類が被さる(膝下)。
 月心清水、未確認。惣十郎清水、給水可能。
 このコースにおいて、残雪を踏む箇所は皆無。
 林道にアブ多し。林道の路面状況は良好。

 暑くなりそうな日曜日。暑さは著しく体力を奪いさる。それは先々週思い知らされた。多少の不安はあったが2時頃目が覚めたので出かけることにする。
 いつものように適当に弁当を詰め、2時半前に出発。
 これまた決まりきった小松のセーブオンで500円弱の食料補充。パンと缶コーヒーを摂りながら東進。
 小荒橋手前の「栃の木清水」で給水。
 4:08 湯の島小屋近くのスペース着。61.8km。1時間40分。

今回のルート
 5:09 登山口。朝の時点では林道歩きの際、アブは気にならなかった。
 5:12 橋。
 ぐいぐい登って湯の島小屋に前泊した東京の10名ほどのパーティーをパス。
 所々平坦になるので助かる。曇り空だが湿度は高い。流れるままのスウェット。
 5:42 巨楢(仮称)。
 6:05 月心清水分岐。2.21km。
           センジュガンピ    6:44

 トレイルが谷側にずり落ちたようになっている箇所もあったが、太めのロープが設置してあり安心して辿れる。
 7:00 一服平。ガスガス。コンビニおにぎり1個食べる。涼しくていいが展望ナッシング。3.38km。
 7:50早川ノ突キ上ゲ。4.39km。あいかわらず白い世界だが、裏川から発生したガスが前川へと絶え間無く流れ去って行く。わずかに青空がのぞく時もある。
          タテヤマウツボグサ    7:51

    8:05

               もうすぐ開きそう 8:06

 8:18〜8:30牛首山標柱(南峰)コンビニいなり寿司3個。5.21km。
                南から眺めるとドーム型    8:50

 8:56 牛ヶ首。6.08km。

              キンバイ

      ミヤマダイモンジソウ    9:21

       ウサギギク    9:22

       ニッコウキスゲ    9:22

               キヌガサソウ     9:31

 9:40 惣十郎清水で給水。6.95km。
            惣十郎清水は融雪水

           アオノツガザクラ     9:45

 9:50〜10:00 大日岳山頂。7.13km。あいかわらずガスの中。2組の記念撮影のシャッター係になる。いつもはここがgoalだが、今日はもうちょい進んでみよう。
             ニッコウキスゲ群落  10:15

                咲き始めのマツムシソウ

 次第に青空も広がってきた。空身で大日岳へ向かう人の多いこと。交差のたびストップせざるをえない。「すいません、20人通ります。」え!てな感じ。
               チングルマふっとつ

                御西小屋も近づく

 御西小屋の周りはザックがずら〜っと置かれていた。大日岳ピストンの人たちの物だろう。小屋はスルーして、山頂へ向かう。三角点はコースから外れているが、草地を踏まなければ行けないような道ではなく、ちゃんと土の出ている径(みち)である。
 11:05 御西岳山頂。10.4km。ふと、飯豊山の三角点まで、、という欲が頭をもたげたが、冷静に考えここを折り返し地点としてきびすを返す。
   疲労の色濃い42才     11:14

              イワイチョウ

              コバイケイソウ  遠景:牛首山

 もっと しょっかれのを詰めて行くべきだった

 11:40頃〜12:05まで お昼休憩。
             牛首山   と       北東から眺めると厳つい山容の大日岳

                                北また岳   烏帽子岳

               象徴的存在

              @@ トモエシオガマ @@

            鋭さを増す 牛首山

            行き交うお2人にモデルになっていただきました  

            う し く び や ま   黄色はミヤマキンポウゲ

           13:20

      朝 会った東京のパーティーが登ってきた  (惣十郎清水より見下ろす)

   未だ刈り払いされていない  一服平が見える   14:52

 15:11 一服平。17.3km。
 17:00 登山口。
 18:46 家着。 往復約124km。ガソリン代185円/リットルで約1900円。
 「きつさ」的には、飯豊山表参道と肩を並べる。ということは飯豊山々頂まではオーバーワークとなる。あくまで個人的に。
 逆に、いつも通り大日岳でやめていたら稜線での青空は享受できなかっただろう。
 あと30分早立ち出来ていたら帰路の温泉をプラスできた。これは登山口に着いてから歩きだすまでの時間を短縮して達成できそうな気がする。登山口に着いてからパッキングするというスタイルを改めればよい。わかっているのになぜ出来ぬ。
 火曜夜現在、まだ腿が少し筋肉痛。そして名物のヤブ蚊の被害多数。
8/5 記

玄関にもどる