8/31 風倉山


今回のルート


 この日の天気予報に翻弄された人も多かったのでは。気圧配置が安定しないからか、ある意味、出たとこ勝負の感が強い。

 欲張っても裏目となることが多いので、展望が得られなくとも未踏の頂ならば行った意味があるというもの。ということで選んだのは、カテゴリー「いつでも行ける」に属する、この山にした。

 夕べの残りのトン汁の朝食。

 6:47家発。村杉.薬師の清水で給水。どこへもよらず、胎内スキー場で車関係のイベントによる渋滞。少しイライラ指数上昇。

8:03 胎内川ダム着。

8:24 歩きだし。

 ヘリポートに駐車。対岸へ行き階段を登る。しょっぱなから速攻で心拍数急上昇。相当高度上げたふうに感じられるが100mほどしか上昇していない。それでも階段が終わると尾根に乗ったらしく緩やかな土の径にほっとする。

 地形図に表すことの出来ない10m未満のアップダウンをいくつか過ぎる。

        先導者
前方に♂猿発見。こちらの存在をアピールするが、悠々と登山道を歩き続ける。距離を保ちたいのでしばしストップ。再び声をかけるが、あごで「こっちに来るな!」という感じのしぐさ。しかたなく立ち止まる。汗があふれ出る。前方を警戒しながら登る。彼はどこかへ行ったようだ。

         木漏れ日が心地よい
             杁差       鉾立峰     ギザギザのアゴク峰
              浮かぶ粟島
10:38 北峰。まわりはまっしろ。

              10:45 山頂 登り2時間20分
 腰を下ろす前にナリバ峰へと続く尾根へ。自分にはきびしい印象。すぐもどる。

           秋の山には 梨は欠かせない
                   ‥‥‥
12:06 下山。

     本峰と北峰の間はこのように木々がかぶり気味
 途中、中高年男性3名パーティーと会う。マムシが道の真ん中でとぐろを巻いていたのでそこから引き返したと言っていた。

13:38 駐車地点着。

 ロイヤル胎内パークホテルの温泉。湯上がりにうまか棒、そのまた後に胎内ジャージー牛乳で小さなしあわせ。


9/2記

玄関にもどる