10/12 えぶりさし岳(権内尾根)
大石ダム起点のえぶり周回を一泊で、紅葉のころに kenrokuさんの呼びかけで集まったのが20数名。その1日目だけ参加させてもらった。

今回のルート
集合時刻の30分前に大石ダムへ着くと、7割方すでに到着していた。トイレをすませ外へ出る。まだ明るくなりかけである。集まったところでkenrokuさんが出席をとり、登山口へ向かった。

このコースは2003年の海の日に初めて歩いた。週末に天気が崩れるパターンの年で、その日もしとしと雨の一日だった。そして、その年の今頃にリベンジ。天気もまずまずだった。さらに2年後、7月末のフェーン気味の日に寝不足でもうろうとしながら歩いた。今回はその時以来である。

いよいよ20数名という大所帯が移動し始めた。歩きだしは最後尾グループ(めおと、しみけんさん、だいちゃん、ULTさん)と話しながら歩く。曇り空でブナ林の広がる月夜平は低い彩度に沈んでいた。みなさん大荷物なのにペースが早い。先行グループが枯松山への三吉峰への尾根をそのまま辿ろうとしたがすぐ気づき、ことなきを得る。ここは注意が必要、看板などは無い。2号橋へと高度を下げる。

橋から東俣川の美しさに歓声する先行グループ。橋を渡ればカモス頭(かっち)まで高差500mの急登がこのコースの核心部パート1。中間部のやや緩やかになった所で一本立てる。
   ピラミダルな光兎山 周辺の山々

                        うれしくてしょうがない

                今日も呑むぞ〜

カモス頭先の平坦地にて大休止。梨、りんご、みかんなどのフルーツが女性陣のザックから出てきて ごちになる。
いちごちゃんのザックは26〜7kg!

                       この辺から見ると やや鋭い表情の 大境山

                                 進行方向

                          千本峰付近から

晴れそうになって期待させてくれるが登るにしたがい雲の中に入ったようだ。千本峰から下り、鞍部から前杁差岳への長い登りはがまんのしどころ。ゆっくりと緩歩無休で。
前杁差岳へ出れば、山頂の一角と言っても差し支えなし。もう、すっぽりと雲の中。長者平の草紅葉と池塘といったフォトジェニックな被写体も光量不足で低い彩度に沈む。膝下の笹を分けて進めば山頂の標柱が見え、視界があれば飯豊山をも指呼できる1636.4mへ立つ。乳白色の世界ゆえ、三角点をなで眼下の小屋へ。ドアを開け、ザックの中身をプラティパスとペットボトルにして水場へ下る。
給水して小屋までの登り返しは脚にくる。
小屋にあがり、やっと一息つける。ふー。お湯を沸かそうとがさごそしていると、一昨年の白太郎山、昨年の御弊松でお会いしたIさん。さらに3ヶ月前の切合〜草履塚間でお会いしたアベヒロさん。飯豊の小屋では珍しくない再会ではあるが、やはりうれしいものだ。ほか、初対面の2パーティーは同県人としてグッドコミュニケーションを得る。

本来であればここからが本番、メインイベントなのではあるのだが今日はウチに帰る。

         大熊尾根

                               前杁差岳

↑ 月夜平 ↓

6:50 1号橋。
8:28 カモス頭 15分休む。
9:40 千本峰。
10:32 前杁差岳。
11:08 山頂。
12:55 小屋発。
1:42 前杁差岳。
2:12 千本峰。
3:05 カモス頭。
3:42 2号橋。
4:10 1号橋。
1号橋(林道終点)から大石ダムまで歩く。思っていたよりも短かく感じられた。1時間35分費やす。

10/17記

玄関にもどる