11/1 マンダロク山
 冬、「道の駅みかわ」辺りからとてもどっしりと存在感のある山が見える。それがこの山だ。
頭のかたすみで気になってはいたものの、家から近いだけに「いつでも行ける」と思い腰が上がらなかった。
今回、午後から晴れの予報に賭けてでかけてみた。

 昼を食べてから家を出る。五十島トンネルを抜けて信号左折、以降目指す山を見ながらドライブ。
家から約40分、21.8kmで「日倉山くりの里/五十島生産森林組合」というこぎれいな小屋のある所。細い舗装路はさらに上部まであるが、どんづまりに1台停めてあり、他にスペースが無いので小屋のそばで駐車。
準備しているとGPSを忘れたことに気づく。
「日倉山登山道入口 通称○六山 865M」という門のような看板(一番下の画像参照)。この左から登山道ははじまる。ここでは日倉山とマンダロク山を同じものとしている。しかし実際山頂に行ってみると「前日倉山」の看板だった。地図上ではマンダロク山865.9mなんだから、この登山口の看板も山頂看板も「マンダロク山」に統一すれば良いのに、何か意味があるのか?これとは別に日倉山843.7mが有るのでいっそう混乱を招きがちだと思うのだが。

 出発地点の標高が300mと高い。
 今回は久々のスパイク長靴。靴下を重ね履きしてフィットさせる。ひと登りして右(西)に向きを変えると平坦となり、水たまりができていた。道の真ん中になめこが入ったレジ袋があった。登山口の車の主だろう。そこからすぐに「滝見場」の看板。確かに音はする。帰りに探してみると木の陰越しになんとか滝を確認できた。そこから間もなく「独標.展望台」の看板。454.8mの三角点がある所。展望はあまり得られない。看板に偽り有り。平坦部も終わりけっこうな急登がはじまる。
   左奥:五頭連峰 その手前ホウキブナ  中央:五十母川

 もっと晴れていれば輝くであろう紅葉もいまひとつ。しかし標高のわりに高度感がある、陳腐な表現を借りるのなら「豪雪に磨かれたスラブ」、実際にそうなのだとは思うが。
GPSを忘れたので頻繁に地図とコンパスで現在地とこの先の傾斜の確認。この急登を登れば山頂北の尾根の張り出しだろうと歩いていったが違っていた。もやもやしながらも進んで前日倉山の看板に着いた。逆光の粟、白山。菅名岳東面。五頭連峰。少し雪のついた飯豊の中腹も見え隠れ。日本平山からの尾根がすーっと延びて、人分山の所がふくらんでいる。

            南へ続く道 刈り払いは南のピークまで?

                  この針葉樹林は?

   落とし物の帽子に付いていたバッジ どこに売ってんだろ

登り1時間40分 下り1時間20分 
11/2記

玄関にもどる