11/8 新保岳
 11/8 仕事的には端境期という感じで当初、出勤予定だったのが休みになった。
山行きたい心はそこそこあった。くもりベースの予報。はてさて、何処へ?
9月に日本国訪問の際、歩き損ねた山があった。林道がかなり上の方まで延びて「歩きごたえ」的にはいまひとつなのか?しかしブナ林が良いとの声も散見され、さらには海側へも道があるらしい。メインルートの塩野町側からアプローチして山頂に至り、海側へのルートを探索して、時間をみて山頂へ登り返し、往路を下る。これならば歩きごたえもあるだろう。
 家を出るのが、いつも出勤する時間に。さらに出勤時と同ルートで北上。車窓からの空に一喜一憂。登山口へ向かう車の中はいつだって期待に満ちている。
 1時間ちょい走って平林のセーブオンでピットイン。クロワッサンとバターロールのあいのこのようなパンと缶コーヒー。あわせて210円。さらに北上。ルート7から左折して舗装された林道を登って行く。幅員のせまいわりに10トンダンプが多い。旧登山口でいったんおりて用を足し、新登山口へ高度を上げて行く。ダンプ達が作業しているのを見下ろすほど登っていくと、鷲ヶ巣がほれぼれするぐらいのとんがりで聳えているのが眺められる。看板のある登山者用駐車場。支度をしていると1台の新潟ナンバー。登山者のようだ。先行して歩いていった。

今回のルート
 舗装路を少し進むと手で移動できるゲート、この先通行不能とのこと。右手の斜面に登山届け用ポストと標柱。最初は階段になっている。ひと登りすると速攻で紅葉最盛期エリアとなり足が止まる。

 写真を撮りながらでも20数分で600m手前の図根点。これより下にある地形図の破線は旧道扱いでロープで通行止めしていた。
 さらに20分ほどで西に向きが変わり傾斜も緩む。その辺が見晴らし台と呼ばれるらしい。そこには先行者が休んでいた。挨拶しパスする。この辺りからブナの美林が展開していた。
 西からやや北へと大きく屈曲する付近に「ブナ林」と書かれた白い菱形看板。後で調べてみると登立山からの尾根はこの辺へ繋がっているようだ。登立山へ行くには尾根が凡庸としていて残雪期だったりすると方向を見極めるのが難しいかもしれない。
 平らだった道が再び立ち上がり、それを登り詰めると分岐がある。左へ折れてポンと山頂へ出る。風が吹き抜けていた。雲も多くなり展望も冴えない。すぐにさきほど会った人がやってきたが、自分は分岐へもどり右へ続く道へ。

 GPSとコンパスを見ながら進んで行った。残置テープを頼りに高度を下げる。少しわかりづらい箇所には用意いていたピンクの紙テープもつけながら進む。山頂北のピークをかすめるように、いつしか西へと向きが変わっていた。
 先ほどのブナ林も良かったが、さらに「いい感じ」の林が展開していた。時間と腹の空き具合を見てもう少し進んでみることに。
 700pから分かれる尾根がどちらに向かうのかを確かめてから引き返そうと考えながら歩いた。道は北西に続いていた。そろそろ腹の虫がなんか喰わせろと騒ぎだしたのを潮に引き返す。GPSでは590mほどの所だった。

 登り返しは難儀ぃ。ブナと下草はユズリハ?か。本来のコース以外にも径のように見えるコースがあり、いつしかコースアウトしていた。GPSで外れた地点までもどって歩きだした。ここで思考がおかしくなる。
 気持ちは「帰る」=下るという式がなりたっていたのだろう。現実は山頂まで登り返さなければならない、、にもかかわらず。道を外してそれに気づき、道に復帰して歩きだした方向が逆だったのだ。幸い数分でこのミスに気づいた。
           ここで弁当をひろげ ラーメンを煮た

 感じの良いブナ林まで登り返し、ここでランチとした。ブナの幹には熊であろう爪痕が無数に付いていた。四方に気を配りながら少しびくつきながらもインスタントラーメン、食後のコーヒーで寛ぐ。

       ちょっとヤブっぽいところ

      旧道へはロープで進入禁止を促す

 その後、山頂経由して登山口まで往路を下った。
12/3記

玄関へもどる