12/7 白山
           尾根線往復
【アプローチ】 車で30分(距離不明)/帰路:馬下温泉経由で40分.27km。
【登り:2h40m】 茶屋>15’>寺>40’>3合目>30’>5合目>85’>山頂
【下り:1h30m】 小屋>45’>5合目>35’>寺>10’>茶屋
 今週は平日に晴天となった日が多かった。仕事中、青空に白い飯豊が映えているのを横目に「こんげな日に山行ったら最高だろうな」と思いながら車を走らせていた。
前日6(土)は大荒れの予報。夕方には家の前も5センチほど積もる。今年初の雪かき。山へ繰り出すための布石。1ヶ月ぶりなのでそこそこ歩きたいごころもあった。

 目が覚めたら6時をまわっていた。準備に不手際もあり家を出るのは8時すぎとなってしまう。
 五頭連峰がすっきりと見えている。かたや阿賀野川左岸の山々はというと、北ほど良くて、南下するほど雲にかくされていた。登山口に近づくにつれて見えていた山頂部に雲がどんどんかかってきていた。雪のちらつく門前の茶屋のある大駐車場。前夜から停まっていたらしき車と今朝来たと思われるものがそれぞれ1台づつ。車内で準備していると1台来て、先に歩きだして行った。

今回のルート

【装備など】
 ワカン、Wストック、長靴(スパイク無し)、←の中敷にいつも登山靴の中にいれている5千円ぐらいするやつをしのばせる。ズボンはスキー用の(スキーはしないのになんで持ってんの?)、上半身は吸湿発汗性の化繊の半袖Tシャツの上に胸までのジッパー付き長袖Tシャツ。その上に風を遮断するフード付きのジャケット。3シーズンではほとんど着用しないスパッツ。
 煮炊き用のガス、3シーズンはカセットコンロ用を使っているが今回はEPIを携行。
 林道の雪は、寺までは乗用車でも乗り入れ可能なほど少ない。大きな杉の立ち並ぶ参道を進む。
           慈光寺の案内板

 三脚を立ててモノトーンのわびさびを切り取るカメラマンとあいさつ。枝に積もった雪がどさっと落ちて襟元に雪が侵入。奇声を発する。先行者は2名と思われる。門前の茶屋から30分弱、滝谷川沿いを歩いてきて「1合目」看板からの急登に足をかける。先行者のステップがありがたい。

 3合目で主尾根に乗り、急登も一段落、汗を拭って前進。傾斜が緩んですいすい歩ける。
 でかザックの3人と交差、小屋で泊まったとのこと。彼らのトレースでそれまでよりも数段快適となる。
                    4合目と5合目の間

               対岸の 田村線の798付近

       @7合目付近 山頂からの展望に期待がふくらむ   が ↓ 青空はどこかへ

        菅名岳方面        五頭(菱)方面  @8合目付近

 小屋前を通過し山頂へ向かう、朝、先行した単独行と交差。ここまでつぼ足で来たが股までぬかったりしてもがく。田村線へはノントレース。辺りは白い世界で展望無し。小屋へもどる。
 内側の扉を開ける。思わず「あったげ〜」と声に出す。先客は女性3名のみ。話しには加わらず檻に閉じこもるかのよう。湯を沸かし、楽しみにしていたチーズカレー味のカップヌードルと、いつものように家で詰めてきた弁当、だいぶ前に全国物産フェスで買った信州りんご。そんなメニューのランチ。カップヌードルは味が濃く、また冷めにくくグッドだ。先客が出て行った空間にぽつんとひとり。さすがに寂しいという思いがたれこめた。

    せめて最低限、使用後の紙は持ち帰ろう

 小屋を発ち、再び尾根線を下る。

 すぐに単独行と交差。山でよく会う新津のNさんだった。950付近から802への尾根へのトレースが左に分岐していた。下でつながっているだろうとそちらへ踏み入れたのが間違いのもと。行き詰まって登り返すハメに。視界の無い時は難しいかもしれない。

                     滝谷川

 茶屋にもどり、車内で着替え、今まで行ったことがなかった馬下保養センターへ向かう。
 一時レジオネラがどうのこうのと騒がれたが、駐車場は8割うまっていた。
 料金400円也。ちょい高めの温度は好み。シャワーもプッシュ式で一定時間出るタイプではなく、これも好感が持てる。洗い場も10カ所、湯船も広くゆったりできる。
 カーラジオで福山雅治を聞きながら家路へ。ひさしぶりに山を歩くことができて良かった。
 家発8:02 家着16:28。
12/12記

玄関にもどる