1/4 二王子岳 8.5合目まで

今回のルート【5合目から上】
 前日、菅名山塊の風越山を目指し、中途半端な積雪に撤退してきて写真を整理したりしていたら山行のお誘いメールをもらう。体は疲れているのに気持ちは参加表明。とりあえず準備だけはすましておく。
 6時南俣。なのにどういう時間の計算をしたのか今となっては理解できないが、5:15に家を発っている。寝坊したわけではないのだが。コンビニ経由で南俣へ6:01着。T字路から数百メートル進んだ空きスペースで方向転換し停める。準備をしているとリーダーが来て先に行くとのこと。準備してきたつもりでも、いざ歩こうという段階に至るまで30分を要する。なして?歩き始めて右のオーバーグローブを車の上に「てん」とあげたままなことに気づき、あわてて取りにもどる。5分のロス。1本目の橋のたもとにみんなの車があった。正面に田んぼを見て、右折して、次に左に折れる所は杉林をショートカットするのだが、雪が少なくそのまま林道を行く。イメージよりも早く神社への分岐につき、神社手前の坂を青息吐息で登りきると神社に今回のメンバーそろいぶみ。詳しいメンバーの顔ぶれは聞いていなかったが、顔見知りと初対面が半々といった感じ。

 いちごちゃんのザックはでかい。が、いぶりン時のより小さいらしい。杉林を歩いているころは天気にも期待が持てるような空の色だった。
            2合目 水場手前 給水可

 立ち休みをはさみ、1時間あまりを要して一王子小屋。ザックを下ろし、フルーツで燃料補給。
        3合目から10分ほど登った辺り  ☆メルヘンロード☆

 このころは期待もふくらんでいた。5合目の積雪の予想しあったりして。
 5合目を過ぎて右の高みへ登らんとする所でワカンを着ける。私だけ「へんじんこき」なのでスノーシュー。
 ノントレースの急登、こういう場面はワカンに軍配が上がる。先頭、粟さんのパワフルラッセルの後ろにつくが、離される、、、脚力の違いをまざまざと見せつけられる。
 6合目付近?(1090)で立ち止まりコースの検討。地形がややこしい。左からまわりこむように登った。
 標高が上がるにつれて展望の期待も減少。油こぼしを登りきり、森林限界を抜けると視界も悪くなった。今まで晴天の日にしか歩いたことが無かったので、このホワイトアウトにかなり近い状態は貴重な体験だったのかもしれない。リーダーは標識旗を用意してマーキングしながら歩く。冬の二王子岳には晴れの予報であっても必携なんだと思い知らされる。そんな状態の中、1時間も前進しただろうか、9合目のポールが見えない一段低い所なのか、リーダーの報告によると鴨池付近。そこで遅れたメンバーを待ちながら進退の協議。結果降りることになりもどった。
                会議中@撤退地点

11:25 撤退。 11:50 油こぼし。下れば冷凍庫から冷蔵庫の体感温度。風の強さが段違い。
  しゃべりはいつも通り  が  脚が少し不調

12:30 5合目 独標 小休止。でかザックなのに軽快に駆け下るいちごちゃん。
 待ちこがれた一王子小屋へ到着。名シェフも多く皆舌鼓を打つ。

 
                   小屋を出るとこんな景色

                         大杉バックに

3:00 一王子発。3:30〜40 神社。

ご一緒したみなさん
4:20 駐車地点着。4:32 駐車地点発。5:00〜30うるおいの湯 400円。5:47 家着。177km。

魚沼の山

絶景の彼方へ

ヒメサユリの山歩き

かしましいっちゃんのお部屋
  終わってみれば実り多き山行でした。ありがとうございました。
1/6記

玄関にもどる