3/8 粟ヶ岳
2月は好天の休日を2回ほど見送ってしまう。なぜか。それは出かけようとさせるまでのモチベーションの高まりが無かったからである。そんなこんなで4週も歩いていない。さすがに歩きたいごころも大きくなりつつあった。浮かぶのは、高知山経由二王子、初めての灰ヶ岳、そして粟〜白山。今、自分はどこが一番歩きたいのか。自問自答の末、粟〜白山に白羽の矢が立った。
 4時前に起きて昨夜のトン汁の朝食。5:10家発。村松のセブンでお湯をもらい、店の明かりでパッキング。(手前の)水源地の駐車場まで入る。ポータブルのトイレを借り、6:30歩きだし。
【装備】 Wストック、スノーシュー、8本爪アイゼン、ピッケル

今回のルート
 青空が広がりそうな空の下、取り付きからの急登を慌てず騒がずじっくり。気持ち平らになり、再び急登。気温が低かったのかズリズリして苦労する。この時点でアイゼンを着けるべきだった。7:30、ほうほうのていで3合目に。アイゼンを着ける。12爪できめたソロがパス。
              3合目からの守門

8時、4合目通過。
    袴腰山

3連梯子は露出していた。
    振り返る粟庭の頭   海坊主というかタコ入道というか

腹へったすけ、、
 腹持ちの良い 蒸しパン系でエナジー補給 合わせるのは牛乳で決まり

  小屋直下から粟庭の頭を振り返る

9時半、小屋。 一階から出入り可能。 片方のストックをピッケルに換える。次第に視界が悪化してくる。
        左奥 白山      手前中央 権ノ神岳   

10:16 北峰。
  七頭を経て権ノ神、、とてもじゃないがおれにゃームリ

10:35 山頂。すっぽりin the ガス。 待っていてもしょうがないので下る。
 中峰を過ぎて鞍部からトラバース気味に下って北峰ははしょる。早くも腹すいてきたので行動食チャージ。登る人、下る人、多くなってきた。

         北峰から降りてくる人たち

              小屋が近づく

11:45〜小屋前にて大休止。登りで気づいたことだが、昨日買ったミルクシーフード味のカップヌードルを車に置いてきてしまう。メインはひらせい手作りの五目いなり寿司(賞味期限間近につきお買い得価格にてご奉仕)。うんめな〜、これ。風が無いので寒さを感じなくて良い。コーヒーをすすりながらしあわせタイム。やっぱいいね山は。視線は、権ノ神、橋立、宝蔵山、そして白山。小乙からの尾根は立派なトレイルに見える。権ノ神に人がいるのが見える。
そろそろケツから根っこが生える前に腰を上げよう。

1:00 小屋発。以前から歩いてみたかった大俣登山道へ脚をかける。

            ルネッサンス☆〜

大俣道の最後がよくわからず薮にもぐったりした。4:36 P着。12.2km。
 少し汗の匂いがする七谷コミセンの100円風呂でさっぱり。

3/10 記

玄関にもどる