4/4 鳴沢峰
 今になって後悔している。
 
 あんなに条件のそろった日は年に数回あるかどうかだ。
 3連休の中日。前日の雨で空気中のちりを洗い、クリアな視界を提供。
 放射冷却で冷えた朝、残雪のトレイルは高効率。

 見逃してしまったホームランボール。 巻き戻すことの出来ない 時。

        安田某所からの鳴沢峰 北面(左側)はまだ白い 4/5撮

 前夜の予報では朝のうちは晴れる。とのこと。鼻の調子がいまいちだが、山へ行けば、あるいは良くなったりしたりして。根拠の無い治し方ではあるが。ということで会社帰りに食料買い出し。久々の山に高揚した思いは全く無く、ずるずると夜更かし。6時前に目が覚めるがカーテン越しの光は青空のそれではない。いきなり出ばなをくじかれる。再び伏せる。至福の二度寝。しかし思い直して布団から出る。
 安田橋経由ではなく49経由、少しの食料買い足し小山田へ。
8:24 小山田に駐車。自転車で馬下へ。

今回のルート
8:55 歩きだし。
     入口の看板

 杉林の沢沿い進み、その沢を股ごし階段状の急登。速攻、心臓バクバク。せっかく登ったのに2回ほど下る。あとで見ると送電線と平行して道が切られている。地形を無視した形で。
 500m前後からごくごくうっすらと雪。大谷山からの道が合わさる手前の鉄塔のさらに手前の平坦地から飯豊が見える。T字路。ここまでちょうど2時間。てけてけ下ってじわじわと斜度が増して行き、五葉尾根との分岐の手前はかなりの急登、ずりずりしてかなり苦労させられる。咲花からくる登路を合わせて、間もなく鳴沢峰山頂。ジャスト正午、3時間と5分。
12:00 鳴沢峰。

       日本平山かな

 少し菅名岳方向へ進む。わずかに粟がちらり、守門には日差しがあたっている。これらの山と向かい合うには本峰まで行かなければならないようなので、もどってお昼にする。

1:06 下山。
                   ハタノ家を探せ

 途中、滑って胸をしたたか打ち付ける。2日経った今もくしゃみや咳をするとき痛い。
  阿賀野川をはさんで五頭山塊.菱ヶ岳          登りに使った尾根

3:38 小山田 駐車地点着。18.6km。
 ここのところの定番、まおろし保養センターで汗を流し帰路につく。
ひさびさの山でとても難儀だった。期待とはほど遠い曇天だったのが残念。今も腿がちょっと筋肉痛。鼻の調子はほぼ通常通りに回復した。山のおかげであろう。
4/6記

玄関にもどる