4/11 日向倉山
 ひなたぐらやま。展望ピークとしてその名は知られている。登山口は銀山平。前回いつ訪れたのか忘れるぐらい久しぶりの銀山平。
 家を未明の3:47に出る。いつも1時間で着くみちの駅R290でトイレ休憩が通例なのに、今日は呼びかけがなく、そのまま進む。5:04(1h17m)R252とのT字路71.4km。5:26(1h39m)みちの駅ゆのたに、91.6km。県外ナンバー多し、ここでトイレ休憩。
 シルバーライン入口の長蛇の列に加わり、
       シルバーラインから

今回のルート
 6:26銀山平、117.3km。
7:00 歩きだし。Wストック、ワカンもザックに付ける。登山靴に4本爪アイゼンをはじめから装着。辿る尾根は赤崩山の東隣りのピークに突上げる尾根をチョイス。土浦ナンバーの2名の先行者も同ルート。トレースをありがたく使わせていただく。しかしきつい、立ち止まっては荒沢岳を見て「く〜、かっこよすぎ」と口に出しはしないものの、そうやって休み休み行かざるを得ないほど難儀だった。
   荒沢岳 手前の黒いのは前グラ

8:15 稜線、赤崩山の西隣りのピーク。直前で2人パーティーをパス。展望はさらに良くなる。

   中ノ岳                        (越後)駒ヶ岳

                かっこいいんで 何回も見てしまう

                  桧岳 わかりづらいが

                     目指す 日向倉山

                 中                       駒

                        ぼんやり 尾瀬:燧

          山頂直下で 振り返る

10:03 日向倉山々頂。

                   権現堂方面

                このディティール 萌えます

4:00 駐車地点着。12km。
 白銀の湯 650円。5:09 温泉発 120km。5:15 シルバーライン入口 。
7:25 家着。234km。登山口から2時間10分。
 登山口からすでに絶景が望めるという極めて稀なパターン。銀山平も思っていたほど遠くはなかった。前グラの鎖がかかったら再訪、、出来るといいなぁ。
4/19 記

玄関にもどる