4/19 五兵衛小屋
 「ごへいごや」。新潟の岳人達の間でも、あまり話題になる名ではない。光明山の地形図にその名は記載されている。シーズン期間は管理人が定期的に入り、350mlのビールなどを販売している。などという小屋ではない。そもそも小屋は跡形も無い。「越後の山旅」の「中ノ又山」の項にちょろりと紹介されている。
5:35 家発。6:57 川クルミ沢出合、54.9km。

今回のコース
7:20 歩きだし。先週、下見をしていた。わりと平坦な杉林にはビニールひもの残置テープがあり、それを拾って行く。
              川クルミ沢

7:41 渡渉点。ここが渡渉点なのか確信が持てぬまま、Wストックで慎重に渡る。そこから踏み跡を見いだすまで右往左往する。残置テープを発見し踏み跡に乗る。また杉林になるがすぐ終わる。
              イワウチワ

              粟ヶ岳

9:54 笹薮の日本平。
 いくつかアップダウンを越え
10:30 855p 熊撃ち場。

                        手前 中央 光明山  855pから

11:45 五兵衛小屋。

                                      中ノ又山

12:50 五兵衛小屋発。
         ヤブっぽいとこ

1:55 855p。

        日本平付近のヤブ

ヤブをこいでいたら、左に折れるポイント(日本平)を知らないまま通過してしまう。気づいてもどる。
                    モ チ ブ ナ

【モチブナ】
  山肌のあちこちに不思議なブナが点在していた。ブナに特有の地衣類の模様が無く、枝ぶりと風格がケヤキに似たブナだった。八十里越に詳しい只見町のあるひとによれば、街道の越後側にしか存在しない木で、勝手に「モチブナ」と呼んでいるという。滑らかな木肌には、そう呼んでみたくなるような艶めかしさがあった。
高桑信一著:古道巡礼から

        春の小川は

 渡渉点がわからず右往左往。
3:56 川クルミ沢出合(スタート地点)着。8.48km。
  馬下保養センター経由 6時ちょい前 家着。113.7km。
 「踏み跡があり、楽に歩ける。」という記述をweb上に見たが、それはヤブ慣れした人の主観。登山道をメインに歩いている者にとっては、わかりにくい箇所も多かった。残雪の今だからこそ「見栄えする」景色があるからいいものの、まったく雪の無い時期に登ってみようとは思わないだろう。考えていたよりもはるかに難しかった。 ブヨによる、かゆみの被害有り。もうそんな季節だ。

玄関にもどる