4/29 矢筈岳
 やはずだけ。これだけ有名になると「マイナー名山」という看板にはクエスチョンマークがちらつく。
数年前、早出川右岸の大戸沢山付近からこの山を見た。↓
    太郎山                       矢筈岳

 その山容は見るものを惹き付ける何かを発しているようだ。しかし、ひょいと出かけられる山ではなかった。山中幕営というスキルは持ち合わせていない。憧れで終わるのだろうと、自分の中ではなかば完結していた。ところが日帰りで行った人から話しを聞く機会があった。「行がれるわや、行ってこい。」さらに最近行った人もいて参考になった。

 3時半頃に目が覚めた。モチベーションは沸騰しているわけでなく、あくまでも行ける所までと考えていた。とりあえずストレッチだけして 4時頃に家を出る。津川のコンビニでお湯をもらいテルモスに。室谷を過ぎ、倉谷林道へ。荒れているので気をつけて進行。5:15林道終点手前の橋のたもとに駐車。他には3台の車両。今回の装備はWストック、8本爪アイゼン。

今回のルート
5:40 歩きだし。
 取り付きはぐちゃぐちゃでずぶずぶ潜り、田んぼのようだ。

 ピーカンの天気予報とは違い、雲が多い。その分、暑くならずにすむのはプラスの要因。500〜800mの広い尾根には自らもマーキングを施す。
7:50 魚止山。
 今早出沢を隔てて矢筈が間近に展開するのだが、上部は雲に隠されていた。
8:13 1120P。
 これより先は初めて辿ることになる。
8:40 1055P。
                上部の雲も取れてきた

9:47 三川分水嶺、4.5km。

                                   10:08

12:09 前矢筈7.06km。

12:45 矢筈岳山頂8.03km。

1:40 前矢筈。
 斜度があり怖いので、アイゼン(8本爪)を着け、Wストック(リングは3季用の小さい物)で、後ろ向きでくだる。

                     ヤシロウ尾根

 魚止山手前で携帯が通じたので遅くなる旨伝え、少しは不安も軽減。
        魚止山付近で日没となってしまう

8:30 車へもどる。
地図から想像するよりアップダウンがきびしい。逆にヤブは思っていたよりも薄いと感じた。魚止山からの矢筈はとても近く見えるのだが、進むにつれ遠く感じられ、前矢筈直下から本峰は長く大きく立ちはだかる。鋭く切れ落ちた沢筋が稜線近くまで食い込み標高以上のアルパイン的景観が素晴らしい。魚止山東尾根の800付近から下はヘッドランプの明かりだけではきびしかった。下部の杉の混じる付近でGPSがロストして彷徨う羽目になった。ここは一回来て満足できる頂ではない。またコンディションを整え訪れてみたい。
5/1記

玄関にもどる