5/2 丸倉山
この山はAさんとKさんの記録で初めて知った。眺めも良好らしかった。守門の東、田代平の北、下田山塊の県境尾根に座している。アプローチはR289のどんづまりからとした。
大谷ダムを過ぎ、木の根沢橋のゲート付近にはおびただしいと表現しても差し支えないほどの駐車車両の多さにたじろぐ。そのゲートの先へ進む。地図で取り付きを検討していた所が国道の終点だった。すでに標高は550ほどまで上がっている。

今回のルート
登り:約3時間/下り:約2時間
準備していると山菜採りらしき2人が山へ分け入って行った。とりあえず東へ向かえばよいわけだが、径らしきものはわからない。ちょいヤブ〜かな(り)ヤブといったところだろうか。ふと気がつくとサングラスを落としていた。コメリの980円物ではあるが、山の神へ捧げたことにしておこう。進んで行くと立派な踏み跡に出る。しかしどこへ導くのかはわからない。コンパスをみながらそれを辿る。ブナ林を過ぎ、その踏み跡からそれ、凡庸とした地形となりピンクの紙テープを枝に結わえながら、なるべく傾斜の緩くなるように東進する。はっきりとした尾根形状に乗ると結構なヤブ。しなやかな枝を両手で広げ体を入れ、そして抜ける。高度を上げると雪堤を使えるようになる。ぐんぐんはかどる。
        鋭く聳える袴腰   黒々とそそり立つ烏帽子

県境尾根1057付近に出る。
             大きい丸倉山 山頂部はまだまだ先

                     只見の山々

  丸倉山の山頂部まで来ると、、、

                       中央奥:矢筈

絶景をたのしんだのでもどる。

1057付近で少し腹ごしらえ。 腰を上げ、北へと歩きだす。
            当初 行こうと思っていたが今回は断念

 1057付近までもどり、県境尾根から少し下がった所で早めの昼食。エアーサロンパスでブヨに対抗しながら。
 下りでは、尾根から外れる所でマーキングしていなかったこともあり、不要なヤブ漕ぎを強いられる。下部で立派な踏み跡を忠実にトレースして行くとどうなるかという好奇心で辿ってみたが、蔓性植物の繁茂する谷地に悪戦苦闘する。最後も地滑り地形のような所をトラバースしたりと、嫌な汗をかいて車の所にもどった。しかしまだ早い時刻の帰還だった。
 支度して車を走らせ、間もなく道脇に滝が流れて流水が得られる所があったので、これ幸いにと、洗顔、歯磨き、靴の泥落とし、汚れ物の軽い水洗いなどに利用させていただく。辺りは若々しい新緑に包まれ気持ちのよい空気が満ちていた。
 時間も早いので、未だ行ったことのない”嵐渓荘”へ。入浴料、千円にはたまげるが、下田山岳地図を購入できたのが収穫。今は廃道?の鉱山道なども記載されていて興味をそそる。
 丸倉山はもぎれもなく「いい山」だった。
5/3記

玄関にもどる