6/27 浅草岳〜鬼が面山
 定番山行というものがあるかは知らないが、あるとすればこの時期のこの山もその範疇に入ると考える。
 と、言うか この時期どこの山へ行ってもハズレは無い かもしれない。
 
 山行前の予習は重要だ。越後の山旅.下巻でイメージをふくらませる。読むたびいつも表現の豊かさ、それも最短で著していることに感銘するのだが。
 
 個人的に浅草岳は2度目だ。2002年5月下旬、ネズモチ平から。残雪と新緑の素晴らしさを初めて体感した記憶がある。

2:38 家発。
4:04 道の駅「いりひろせ」73.9km。家から約1時間半。用を足す。4:11発。
4:39 県境の駐車スペース着。95.2km。自転車を降ろして、5:35田子倉へ向けて出発。

今回のコース
            国境のトンネルへ

 おおむね下りなのですこぶる快適。当初、逆まわりしようとした気が知れない。
          かつて湖底には 人の営みがあった

 田子倉駅に自転車をデポ。ここまで7.32km。6:05 歩きだし。
                 田子倉駅より

 無料休憩所のある大きな駐車場では出発準備の人々。6:12 あいさつして山へ入る。刈り払いされて間もないトレイルは斜度も無く、軽めの負荷で歩きだしとしては良好。

         鬼が面眺めより 8:20

     これも 鬼が面眺め より

     三たび 鬼が面眺め より 浅草岳山頂

                          ウラジロヨウラク

                            ズグナシ(タニウツギ)

9:55 浅草岳山頂。
                   前岳方面

           ベニサラサドウダン

           ワタスゲ

   雪渓をわたる登山者        右後方:守門岳

分岐で一時、桜ゾネ方向へ下りはじめてしまう。歩くべき稜線が左に見えたので間違いに気づきもどる。10:25。

                   鬼が面コースを登ってきたパーティー

11:12 ムジナ沢カッチ。
 暑さで消耗激しい体力の回復をはかるため長めの昼休み。12:45腰を上げる。

                 十字形の雪形も近づく

その後も暑さでへろへろ状態が続いたため、木陰を見つけてはしばし横になって体を休めた。幸い虫はあまり気にならなかった。
 GPSの表示がおかしくなり現在地が佐田かではなくなっていたが、どうにかログは取れていた。  
 車の音が大きくなり登山口が近いのかと、期待させられたが、そこから結構な歩きがまだあった。
 プラティパスも漏れが発生して、残り少ない水を節水しつつ歩いていたが、登山口も近づいたころ勢いのある沢が現れて思う存分飲んだ。ついでに頭から水をかぶり生き返った。
3:42 駐車地点(県境)着。田子倉駅から13.4km(歩いた距離)。
 自転車を取りに田子倉駅へ。自転車を車に積んで
4:00 田子倉駅発。102.9km。
4:42〜5:17 守門温泉青雲館。600円。
6:45 家着。206.6km。
7/3記

玄関にもどる