7/11 牛首山
 山への高揚感はやや低めであった。
 さりとて、休みの有効活用を と考えた場合。山以外はやりたいこともあまりないのが現実。
 とりあえずの天気予報チェック。梅雨も終盤と思われるが、降水確率は低い。
 
 夕飯時、「あした、ごはん、夜だげでいいすけ。」と実質的に「おれ、あした、山 行ぐすけ。」宣言。
 
 山への高ぶりがない、だからなのかわからないが、目が覚めた時、白み始めているのがカーテン越しにさえもわかる状態となっていた。

 ふくらはぎと前腿だけストレッチ。
 家を出ようとボイスレコードに時刻を告げる、、あらら電池切れ、、。
 コンビニで食料補充。着替えを忘れたことに気づき、Uターン。
 予定では、とっくに(とうのむかしに)歩いている時刻ではあった。

 R459から左折して小荒橋手前の「栃の木清水」で水の調達。大腸からのよびかけに実川の新しい駐車場のトイレで応える。鳥のさえずりが実に清々しい。

 問題の林道欠損箇所をこわごわ通過。その後も神経をすりへらす路面状況も数カ所あった。
 

 トンネル手前で自転車に跨がり進入、ヘッドランプオン、カチッ 真っ暗。電池切れ第2弾。せっかくパッキングしたザックの底にある予備電池と交換。光が無く、所々上からは水滴が大量に滴る異次元空間のような時をすごす。初回にはかなり怖い思いをしたが、今では慣れたもの。それでも出口の明かりが差し込む瞬間は悦びを感じてしまう。
 おおむね登りなので軽めのギアでくるくるペダリング。登山口へ。

今回のルート
 林に入ったころは、なんとなく天気も上向きになりそうな、そんな気配があった。
 貴重な情報の通り、橋は架けられていた。今日の水量では飛んで渡る勇気は無い。
 歩く者が少ない故、足場は良くない。朝一にしては厳しい急登、ときたまなだらかな登路。前半はたいてい「このまま上まで行くことができるのだろうか、こんな筋肉の違和感、心拍数の高騰で。」と弱気になるのが通例である。
 気温はそれほど高くないと感じられるのだが、いかんせん湿度が異様に高い。汗が尋常ではない。最近、強風の日があったのか、折れた枝が無数にあり、通行に支障をきたしていた。
 月心清水を過ぎ、尾根に乗ってもガスで視界は開けない。
 花崗岩の細かい粒子が、たっぷり水分を含み、もろい状態となっている。尾根の頂陵でない所は足を乗せると崩れてしまうので苦労する。
 草本類、木本類、両者共に登山道まで勢力拡大し、濡れた葉っぱをかきわけ進むのでじょじょに濡れていく。
 早川の突き上げまで上がると風もまた一段と強まる。しかしガスは取れない。雨具の上を着る。標高も1800を越え、高山的景観となり、晴れていれば疲れも消え去るご機嫌ルートなのだが、今日は路傍の花々との対話で楽しもう。

              サラサドウダンツツジ

 西風のあたりにくい場所を今日のゴールとし、昼食休憩体制に突入。
 お湯を沸かしていると、koizumiさんが降りてきた。一緒に休む。

 下山は2人で。
               水も滴る つーか 濡れて一段と美しい

     ガスが流れる カメラを出すと また ガスる もてあそばれる

           湯の島小屋への森の入口にて

            小屋 裏手の水場

4:38 家発。
5:08 しきりなおしで家発。
7:15 第2ゲート(トンネル入口)発。
7:39 登山口。
8:32 994P。
8:47 月心清水分岐。4.36km。
10:00 一服平 5.42km。
10:37 早川の突き上げ 6.27km。
11:15 牛首山?標柱。7.05km。
11:43〜12:40 牛ヶ首手前で前進停止、そこで昼休み。
1:06 牛首山標柱。
1:27〜40 早川の突き上げ。
2:05〜10 一服平。
3:00 月心清水。
3:45 登山口 13.9km。
4:00 湯の島小屋分岐発。
4:12 トンネル入口着。
5:49〜6:22 清川高原温泉。300円+牛乳100円。
6:50 家着。
 登りでは全く気にならなかったブヨ、下山時、一服平以降まとわりついてきた。月心清水分岐でエアーサロンパスとハッカ油をふってからはいなくなった。
 この時期に登るのは初めてで、ここで初めて見る花もあり新鮮であった。
 温泉は少し温度が下がったように感じられた。
7/12記

玄関にもどる