7/20 えぶり差岳
 以前から申し上げているように、この「海の日」の設定には腑に落ちない。責任者出てこい!である。
 登山者はこの連休に、日数のかかる登山計画を立てながらも、悪天候に流され続けている人も少なくないのではなかろうか。

 2:46 家発。途中、買い物&食事&トイレ休憩をはさみ 4:35 奥胎内ヒュッテ着。前日に入っている(と思われた)いちごちゃんの車を発見。となりのとなりへ駐車。細かい雨の残る中準備していると、「はよ〜っす!」「??」いちごちゃんである。訊けば、雨に出ばなをくじかれて日帰りにしたとのこと。それ正解っしょ。
 準備してるとアカショウビンのさえずり(キョロロロロロ〜)が聞くことができた。雨具の上下を着込みチャリに跨がり登山口へ。しかし傾斜がきついう〜んと軽いギアでしゃこしゃこペダルをまわす。いちごちゃんとJOさんに追いつく頃には雨もあがり、2人は雨具を脱いだようだ。地味なヒルクライムをこなし登山口へ辿り着く頃にはどっぷり疲れていた。汗を拭って息を整えていると2人が来た。時間的には徒歩とチャリと大差無いようだ。疲労度はチャリの方が疲れると個人的に思う。なのにチャリにするのはなぜ?

今回のルート

  登山口すぐのブナ林   御所平という標柱

 えぶり差山頂で小休止の後、長者平方面へ少し下る。湿生植物がなにか咲いていないかと期待したが皆無。
 山頂へ登り返し、今度は新六の池まで散策。こちらも花は乏しかった。
 小屋まで戻り、水場へ給水して昼休み。時々雲が流れて視界を得られる場面もあった。
        長者平手前の池塘

       飯豊山                   地神山

 キスゲは近くで見ると風にやられてかわいそうな状態になっていた

        この たおやかな 山並みが イイデ〜

5:07 奥胎内ヒュッテ発。
5:30 登山口着。3.22km。
5:45 登山口発。
6:25 姫子の峰。
7:00 滝見場。すぐに英三の峰。
7:25 ヒドの峰。
7:31 水場分岐。
 いなり寿司2個食べる。
8:12 イチジ峰。
8:45 T字路 大石山分岐。登山口から4.55km。
9:25 鉾立峰。
9:55 えぶり差岳山頂。登山口から6.98km。
11:15〜12:10 小屋前で昼休み。
12:40 鉾立峰。
1:25 大石山分岐発。
1:50 イチジ峰。
2:05 水場分岐。
2:11 ヒドの峰。
2:30 英三ノ峰。
3:55 登山口着。
4:05 ヒュッテ脇駐車地点着。
奥胎内ヒュッテ内の風呂へ。
4:53 P発。
6:13 家着。
 大石山と鉾立峰の間の鞍部は1430に満たない。二王子とほぼ同じ、オンベで言うと、一服平の下、ダイグラで言うと1499を巻く所、表参道なら、峰秀水辺り、の標高となる。主陵線の最低鞍部だ。
 奥胎内ヒュッテ内の風呂は600円、温泉ではないのかも。一回入ればいいかなといったレベル。
8/9記

玄関にもどる