8/15 小蓮華山
 大雪渓とお花畑、カラフルな若い女性トレッカー。しろうま岳のイメージ。しかし、遠いが故、足は向かなかった。ということで遅まきながら北アデビューとなった。
 越後の山旅下巻、先達の記録などでイメージをふくらませる。
 前日は昼寝をこまめにとり、夕食&入浴後9時過ぎに出かける。
 
三条から高速に乗る。初めてくぐるETCゲート、超低速で通過。道は遅い時間帯でもかなりの車両が走っている。1回休みをとり糸魚川で降りる。ここで家から2時間半強。148沿いに1件セブンがあったがスルー。平岩まではそこのみだった。県道に入ってからが長かった。疲れた体にとどめを差すような高低差のあるせまいタイトなカーブの続く道。家から3時間50分ほどを費やし蓮華温泉へ着く。満車。通行に支障の無いスペースにかろうじて停める。車から降りて空を見上げると、無数の星がふりそそいでいた。時刻は1時になろうとしていた。後部座席のヘッドレストを外し、枕にしてうとうとする。

 未明に起きだし支度してキャンプ場まで進む。そこで朝食を摂り、洗顔、歯磨き、トイレを済ませ、歩きだす。

今回のルート

 木道が敷かれているが、濡れているので滑り易くなっている。おっかなびっくり歩く。

        瀬戸川を見下ろす  6:33

     シナノナデシコ    数年前の金山 以来かな

         こういうスカイラインにグッとくる   8:13

                8:22

             神の田  8:35

              青空と雲のシェア争い はじまる  9:00

              方角によっては まだ 青空優勢

       ハクサンフウロ

9:40頃 沢を渡る所でペンキのマーキングを見落とし、数メートル上流方向へ進んでしまう。「『おかしい』と思ったら戻る」を忠実に守り、こと無きを得る。
          イブキジャコウソウ  ちっちゃい

【鉱山道とは】
 またの名を「雪倉山麓道」。その歴史は古い、かのWウェストンが高頭仁兵衛御大らとともに1906年に現白馬岳(当時:大蓮華山)へ歩いている。
 現在主流の蓮華温泉〜白馬大池〜白馬岳登山道は昭和3年の伐開。以降そちらがメインルートになる。しかし30年後、鉱山道の良さが見直され復活した。  越後の山旅下巻より。
その名からくるイメージでアップダウンを極力さけ、体が斜めになるようなへつりや、横がらみの道なのかなぁ(例えば川内の毛石山のような)、と想像していたが、そんなことはなくわりと歩き易かった。もちろん濡れた滑り易い木道はのぞく。要所要所に赤ペンキでマーキングされてあり、それにも大いに助けられた。しかし下りでは辿れるか自信がない。
 三国境と鉢ヶ岳の中間の県境尾根2504pへの登りはなかなか厳しい。ザクと呼ばれる「角張った岩板を積み重ねたような」斜面で、体力を吸い取られる感じがする。加えて、広い尾根なのでガスられた時は怖いだろう。この日は地面のペンキマークを拾いながら進むことができた。
 前方右の鉢ヶ岳からの鞍部で休憩している2名が確認できた。まだこの時点では、それが「みー&タカ」さんとは認識できていなかった。
        旭岳   はじめ シロウマと思った それは左の切れている山

         山でお目にかかったのは初めて

     しろうまバックに みーさんと

      こちらのは群生していないが個々の花が大きい

 三国境を前にして、すっかりガスられた白馬山頂に、すっかり登高意欲も萎え小蓮華山で満足コースへと頭の切り替え。三国境北東鞍部へ出た所で昼休み。忘れたコーヒーもちゃっかりミータカチームからごちになり、足下の猿倉駐車場方面など眺めつつまったり。
 腰を上げ、大池方面へ向かう。交差する登山者も多くなる。しかしあいさつする者は少ない。意外だった。
       1:20  大池が見えてきた

                      筆者@新潟の最高地点

     ミヤマアキノキリンソウ    1:36

          たなびくチングルマ  1:41 

       大池湖畔のチングルマ群落    3:06

 大池で幕営する「ミータカチーム」に見送られ下山。少し歩いて、ここまでの長い歩きをいたわるため、ザックを下ろし、甲子園の新潟代表の試合をラヂオで聞きつつ休む。タイミング良く、ちょうど逆転してくれた。
 蓮華温泉めざして下って行く。急降下がないのでありがたい。
    天狗の庭にて 枝ぶりが良い     4:43

5:45 蓮華温泉キャンプ場発。
6:41 瀬戸川の橋。
11:00 県境尾根2504。
12:43 昼食休憩の後 腰を上げる。
1:20〜27 小蓮華山。
3:10〜20 白馬大池。
4:23〜45 天狗の庭。
5:58 蓮華温泉駐車場着。
 蓮華温泉の内風呂へ。800円か900円した記憶がある。食堂を通過していくのだが食事中で若干ひんしゅくを買ったかもしれない。貸し切りで広い浴槽、かつ、良質のお湯だった。
 くねくねの舗装された林道を平岩へ向けて車を運転していると、強烈にトイレへ行きたくなった。息はひーひーふー状態。脂汗にじませ平岩駅へかけこみぎりぎりセーフ。
 糸魚川ICのゲート手前の駐車場にて数時間寝る。夜中にETCゲートをくぐり、再びどこかのパーキングで寝る。空も白み始めるころ家へ向かう。三条で高速を下り、朝6時頃帰宅。

 正直、今回で北アルプスにはまった という印象は受けなかった。またいつ行く気になるかわからないが、その時楽しめることができればいい。
9/11加筆

玄関にもどる