11/22(日)二王子岳

今回のルート
 今年の正月以来だが登山届けが変わっていた。記入した用紙を入れる函に鍵がかけられていて、以前のように誰もが閲覧することはできない。個人情報保護法案がらみでこのようになったと推測。
杉林の沢沿いの道には新しい橋など整備が行き届いている。
気温が高くないので、汗もそうかかないだろうと見ていたが、早くもたっぷり出てしまっていた。
3合目、小屋と大杉の間に左へ下る道、土嚢で階段状になっている。うっすら積もった雪の上には、先行者の足跡が無く、記憶で小屋から下るイメージは無かったのでもどる。北東にログが出ているのがそれ。これは水場への道なのだろうか。
       3合目を過ぎた辺り まだ雪はうっすら

            広がる青空   高まる期待

少し心配していた油こぼしも、思いのほかスムースに歩くことができた。
しかし先行者の足跡の上に足を置いても「ぬかる」回数が多くなり苦労する。ワカンを着ければ良いのに面倒臭がってそのまま行く。
         (おそらく)8合目付近からの  朝日連峰

      大日岳      【山頂手前より】       烏帽子山

約束しているわけでもないのに、山で偶然出会う回数1位の新津の南雲さんとスライド。
小屋目前にして、コントのようにぬかってハマる。
     えぶり差岳       鉾立峰           大石山

      小屋に入って、、

    小屋から出ると先ほどと比べて、少し青空劣勢。

大勢が踏んだおかげで素晴らしい「道」となり、足取り軽く進む。
    小学5年生の登山者

        ここは 前かがみにならないとダメ

                  甘納豆さん

         4合目付近

        2合目辺りになると 雪は無い

6:23家発
 7:16神社着
7:47歩きだし
 8:43一王子
 9:20独標
11:10山頂 【登り3h23’】
12:12二王子小屋発
1:20独標
1:53一王子
2:35神社着
【下り2h23’】
往復11.8km。

市内の「うるおいの湯」でさっぱりして、4:34家着。
 ここのところ、仕事帰りに筋トレと心肺機能アップトレをしているが、効果のほどは実感できず、山は山へ行かないとダメだと認識させられた。
 以前のGPS、LEGENDでは神社から杉林で衛星が捕捉できずにログがメタメタだったが、夏以降使っているLEGEND-HCxで、まともなログが取れた。
11/23記

玄関にもどる