11/29笠峰〜宝蔵山
 下越の岳人の間でよく話題にはなるが、実際には歩き通したことがないルートとして【粟ヶ岳〜白山縦走】がある。いつかはやってみたいと思うが、その前に細切れで偵察しておきたかった。昨秋、粟北峰〜橋立をチャドクガの洗礼を受けながらも歩いてみた。今回は橋立〜宝蔵山を歩くことができた。

今回のルート
 宝蔵山へは中大谷からがポピュラーで、自分も初めて登った時はそこから至った。その中大谷から小尾根を挟んだ南側の上高柳を起終点とし周回を考えた。
 越後白山の地形図の上高柳という文字の横T字路付近がバス停で、道路の幅員も広くそこへ駐車。そこから高柳川を渡る最初の橋で左岸に渡り、民家の脇を通って舗装された林道を登って行く。すぐに舗装は終わり、コンクリートと砂利を混ぜたような歩きづらい道となる。264pの東鞍部で尾根に乗るまでそれは続く。以降は普通の林道となる。333pを過ぎると少しかき分ける枝がうるさくなる。

 500mほどかきわけて進むとパッと開けた場所に出る。地形図の加茂市の「茂」の南辺りだ。以下の3枚の画像はそこで撮った。

このまますんなり笠峰まで行けると油断していたら、直下でヤブっぽくなる。今度はトゲの有る草のような木のような物があり、そろりそろりと進む。なんとか笠峰へ立つ。無雪期なので思ったほど展望は良くない。小乙川沿いの林道らしき道がすぐ足下に見える。
       権ノ神岳      七頭            粟.北峰

             笠峰を振り返る

笠峰の東の峰からだだだっと下って登り返し、底のすり減ったビブラムではズリズリで苦労する。501を越えると↓
    ここからは幅広の緩やかな道となる

 橋立手前の登山道上で昼食休憩の中高年ペア。今日初めて会う人。しばし歓談。相変わらず幅広緩斜面、MTBで散策できそうな道。

12:25橋立。5.56km。
 宝蔵山直下の登りが疲れた脚には堪える。あせらずゆっくり進む。白山へのT字路を左折ひといきで宝蔵山々頂、1:25。男性1名。挨拶するが、頭をかくんと下げるのみ。会話したくなさそうな空気を察してその場を去る。
 荒沢峰              烏帽子山                 白山

          西蒲三山  肉眼では佐渡の山並みも見えた

530m付近から高柳川へ降りる破線を下ろうと思って注意深く降り口を探すが見つけられずそのまま下り続ける。
  っていうか 尼池山へ至る でよくなくね?

        「わー!」と駆け出したくなる

送電線の鉄塔手前で舗装道路が分かれる。それを辿る。上高柳からの道への合流点に進入禁止の鋼線ゲートに南京錠。そこからすぐ田んぼ道となり、上高柳の民家も見え、朝も吠えられた太ったコーギーにまた吠えられ、ほどなく車を置いた出発地点へ帰還。
上高柳 9:50
 >80分
笠峰
 >75分
橋立
 >60分
宝蔵山
 >60分
尼池山
 >10分
舗装林道分岐
 >30分
舗装林道終点
 >15分
上高柳 3:25 【歩いた距離13.5km。】
 お決まりの馬下の温泉へよって、5:14帰宅。66km。

12/1記

玄関にもどる