12/5 764.8p(阿賀町裏川)
湯の島小屋への実川林道はその名の通り実川に沿って走っている。五十嵐家住宅のある実川集落手前に実川の大支流「裏川」の出合に下平発電所はある。裏川とその一本下(しも)の支流「大古沢」との中間尾根を辿ってみた。

この辺にある

ログ
下平発電所の橋を渡って踏み跡を辿り、杉林から尾根に乗り北東方向へ進む。
はじめは枝をかきわけながら。
やや平らになるあたりから、整備された登山道レベルの道となる。

          三角点近くにあった

    丸みを帯びた頭の主三角点

        三角点付近はヤブ

                     大日岳方向

       何に使っていたのか?

 地図で見ると「こんな所、間違うかなぁ」という所を間違う。下りは難しい。登り返しは肉体的にも精神的にもつらい。

             裏川出会

 アフター山の温泉は久しぶりの赤湯へ。
露天ではないが露天と銘打った所が普通の温度。一番熱い湯船には入ることができなかったが、となりだったらなんとか入ることができた。赤湯の印象は熱すぎるであったが、今回入って、許容範囲だと思い直す。通岳道路から離れていないし、安いのがなにより。今後寄る機会が増えると思われる。
12/6記

玄関にもどる