12/27 大蔵山
 10日ほど前にまとまった降雪があり、その後は雨が続いた。金曜(25日)には青空も広がったようだが、当然休みではなかった。その日に行った山の記録などを閲覧していると、山へのスイッチも入ろうというものだ。
 予報は曇り。時期的なことを考えれば、降らないだけでも儲けもの。しかし欲張ってたくさん歩こうとするほどモチはあがらない。近場でトレースもありそうなここを選択。
 登山口まで来て、忘れ物に気づき取りに戻っても30分のロスで済んでしまう。

今回のルート
 スパイク無し長靴、Wストック、スキーズボンにスパッツ、スノーシューを外付け、といういでたちで歩きだす。林道から階段コースへ取り付く時点で、暑くなり上着を少し薄手なものへチェンジ。
 杉林の中、1合目まではかなりカロリーを消費する。
 3合目過ぎで先行者のトレースがワカンになったのに倣いスノーシュー装着。

 まだ積雪が少ないので、中間部では先行者のトレースも苦労の跡がうかがえた。
 上部は標高のわりにはクラストしていたがスノーシューの歯でトラクションを得ることができた。休んでいるとソロに越される。ゆっくりだが静かにたんたんと、そして無駄な動きがない。極力、汗をかかないように歩いているように見えた。
 山頂ではテントでこれから宴会モードな3人、ソロが3人。

 ゼリーのカロリーメイトだけ吸わぶって下山の足を出す。

婦人にムラムラするのはonly me ? 「めおとブナ」にて

 8:26家発
 8:40P着(9.2km)
9:00歩きだし。
10:05 3合目。
 スノーシュー着ける。
11:12 8合目。
11:30 山頂。4.37km。
       【登り2h30’】
11:40 山頂発。
12:30 5合目。
1:13 1合目。
1:44 P着。
【下り2h、往復8.8km】
2:12 家着。2往復で37km。
12/28記

玄関にもどる