1/4 (越後)白山
 年が明けて初めてのお山。平成も22年、、ついこの間はじまった平成がだよ。
 今日、今山行のなりたちは玄関(トップページ)の「も」へ進み2010.1/4の日記参照。

 茶屋へ着くと3名がすでに到着していた。にゃぴさんとはお初である。ぶんさんとは数年ぶり「ザザーっと滑落棒掛山」以来。粟さんとはジャスト1年ぶり。その3名は先行していった。
 いつものように登山口でもたもたパッキング&支度、さぁ行こうか、のタイミングで中越組2名が到着。初めましてパート2、mimiさんだ。hiroiさんとは「まじヤバかった巻機山」以来だから最短の数ヶ月ぶり。2人もスタンバイOK、歩きだす。

今回のルート
【慈光寺 杉並木】
 樹齢300〜500年の大杉が500m並ぶこの道は歩いて「感じて」もらいたい。行きはこれから会う絶景に思いを馳せ、帰路は辿ったシーンを巻き戻しプレイバックさせながらクールダウン、皆様もぜひ。
 20分のウォーミングアップで1合目、急登の始まり高差250m。ここは忍の一字で耐えしのぐ。
 大杉が見え3合目の主尾根に乗るか、と期待するがもうひと登りを強いられる。3合目、バクバクの心拍数、汗をぬぐい少々休む。mimiさんのリンゴがおいしい。
               でろりん

右から吹きつける風が強い。右、谷、左、山のトラバース、手も使い慎重に。斜度が緩み山頂部も近くなるとクラストしてくる。小屋が見えはやる気持ちをおさえ一歩一歩。
 小屋に入ってそれぞれ持ち寄った物でたのしい山談義に盛り上がる。

 さぁ下ろう。ワカンを着けるのに素手を出していると、たちまちかじかむ。そしてグローブを着けようとするが、ライナーが浮いて指先に入らなくしばらくじたばたする。耳上をフリースのヘッドバンドの下にし、ゴーグルをして上着のフードをかぶり、その上に菅笠というかっこうでみんなの後を追う。
       天狗の腰掛け 12:53

無料カウンタ アクセス解析付

8:45歩きだし 尾根線へ
9:05 1合目
9:30 3合目
10:00 5合目
10:24 7合目
11:10 小屋着。
12:30 小屋発。田村線へ。
12:55 天狗の腰掛け
2:00 鉄塔
2:37 車着。
ごいっしょしたみなさん

粟さん

hiroiさん

mimiさん

にゃぴさん

ぶんさん ふーさん kobaさん

最高の登り初めとなりました。
 七谷コミセンへ行く人たちと再会を約束しワレはいつもの馬下へ。
ここは少し熱めなんだけど、この日、湯につかると、手の甲がびりびりした。考えるに昼過ぎに出発する時、寒風にさらされて、凍傷の初期症状のような状態だったのかもしれない。温泉からあがって、常備しているオロナインをすりすり。夜、家の風呂に入るころには平常にもどっていた。ホッ。
1/9記

玄関にもどる