1/11牟礼山
 正月休みの後三日働いただけで、また3連休。ラスト1日の天気が「とりあえず降らなさそう」予報で一縷の望みがあった。前夜の分布予報で晴れマークを久しぶりに見て、俄然モチは上がる。しかしどこへ行くかでさんざん迷う。決まらぬまま就寝。
 明けて再び予報をチェック。晴れマークは消え、曇りベースの予報になっていた。モチ急降下。それでさほど厳しくない(と、思われた)ここに決める。
 右の五頭連峰はよく見えるが、西の空は雲に覆われていた。天気は西から変わるので予報のまま曇りなのかとあきらめムード。五十公野手前ではすっぽりと雲をかぶった二王子を見送る。しかし、菅谷辺りへさしかかると進行方向(北東)の空が明るい。希望の光だ。広域農道では県外ナンバーのスキー客と思われる車両が安全速度で前をふさぐが、確かに路面もあやしい状態だったので素直に離れて後ろに続く。腸からのノックに胎内スキー場のトイレを借りる。登山口へ向かうと黒俣への道路が未除雪で閉鎖されていた。そういえばここは冬期閉鎖と、以前何かで読んだ記憶がある。しかし無雪期の登山口までは、そんなに長くはなさそうだったの予定通り行くことにする。

今回のルート
 ここから歩く バック:ロイヤル胎内パークホテル

 前回と同様、スパイク長靴。始めからワカン装着。ピッケルをザックに着けてストックはシングル。車の轍の上を進む。下ばかり見て轍のままに辿っていたら、砕石場へ引きずり込まれ、あわててもどる。そこからは車の轍も無くなり、数日前のものと思われるスキーのトレースを使う。気がまぎれるようにとイヤホンでラジオを聞きながら。

                        朴坂山だろっか

 無雪期の登山口まで約1時間。
 送電線の鉄塔を左に見て右へ進む。ここで地図を見ながら行きつ戻りつした。杉林へ入り、高度を上げる。

杉林から抜け出すと顕著な尾根に乗り、右が開ける。一本立つ大きな松を過ぎ、間もなく牟礼山から北西にのびる主尾根に出る。そこまでは杉が多かったが、ここから上は杉に代わって松が混じる。楢も立ち枯れたものが多い。松も幹がはがれて病んだように見えるものがかなりあった。
                      光兎山

               風倉山か

                  まだまだ青い空

   あるのは動物達の足跡だけ

        青空も店じまいのようだ

         なんとか見ることができた

8:13歩きだし。
9:17登山口。
1:45山頂。
2:00山頂発。
3:30登山口。
4:04車着。
 うるおいの湯経由、5:53家着。
12日現在、ふくらはぎがかなり筋肉痛。
1/12記

玄関にもどる