1/17 ねずみ薬師
 今週はまとまった降雪があった。短めのコースでないと難しそうと考える。それでここにする。
 しかし、アプローチの道路状態が思いのほか悪かった。五泉の街中を抜け、広域道路へ出ると着雪がひどくガタガタだった。290号線へ出ても同様。旧下田地域では屋根に上がって雪下ろしをしている家も多く見られた。
 除雪車が雪を押っつけたスペースに駐車、間もなく正午になろうとしていた。道中、西に青空が見えたので回復するかと期待してきたが、雪がちらちらしてきた。ひらせいで買ったおにぎりを車の中で食べる。支度して外へ出る。今日は軽登山靴にスノーシューとWストックという組み合わせで。

今回のルート
 取り付きへ来るとスノーシューのトレースが。うれしいような、反面楽しみが半減したような気になってしまう。しかし先行者のトレースの脇を行こうとすると数倍時間がかかることを思い知らされる。素直にトレースの後追いに徹する。
 林を抜け出すと建物が有り、開放感の有るスキー場跡地へ出る。進行方向奥へと斜面は狭まり、急登になる。登りきった所が小ピークで見晴らしが良い。そこを過ぎ、少し行くと下部には見られなかった杉が林立する「ねずみ薬師」の山頂部だ。先行者のトレースは地形図の破線通りに「やまなみロード」方面へ下って行った。それとは分かれて南の「水頭」という三角点ピークへ向かう。
 下降点が判らず行きつ戻りつ。少し木々をすり抜けるとはっきりした尾根に乗る。水頭直下で短い急斜面が立ちふさがる。ストックを2本横にしてたたきつけ、段差を低くして手がかり足がかりを作り少しづつ上へ。そこからわりとすぐに下りになりGPSを見ると水頭だ。ガスって展望も無いのですぐにもどる。
       ねずみ薬師から

    小ピーク直下から スキー場へ

 スキー場跡への下りは未だ踏まれていない登りのトレースの脇を通って、浮遊感を楽しむ。
 車を停めた所へ直に向かおうとしたが、歩きやすい所を繋げていたら結局、行きのトレースへ近づき、それに乗るかっこうになった。
           取り付きと水路

 取り付きでスノーシューをはずし、車道を歩いて車の所へもどる。
 ノントレースだったら、かなり歩きごたえがあったと思う。
12:15歩きだし。
12:50 ねずみ薬師。
13:18 水頭。
14:02 車着。2.91km。
1/17記

玄関にもどる