1/31大山(旧下田)
O氏のブログで存在を知り、そこから望まれる山々を肉眼で見てみたいと思い立ち、腰を上げた。
 平日よりちょっと遅い6時ジャストに目覚める。ごはんを食べ、準備し出かける。
 最寄りのコンビニにて、高カロリー系なおにぎり2個購入。ついでにヤンマガ立ち読み。
 七谷付近では加茂川の川霧が立ちこめる。17日に訪れた時は雪下ろしをしていた家が多かった地区の屋根雪もぐんと少なくなっている。道の駅「漢学の里」にてWC休憩。はじめはどんづまりに駐車したが、取り付きポイントを吟味して、大谷ダムの堰堤に停め直す。
 スパイク長靴、ワカン、Wストック。春を思わせる陽気に上着は着ずにザックの中。

今回のルート
雪壁は1.5mほど 手で雪をかきだし 段差を少なくした

 個人的に雪が有る時は、長くなろうともなるべく緩傾斜となるように、かつ、へつりは極力避け尾根通しとなるように、、、と思っている。今回の山の予習で所々現れる、等高線の混んだ箇所は壁状になっていたりするのか?と案じていたがそこまで厳しくはなかった。
20分ほど登ると少し平らな所へ出る。大谷ダムをはさんで、粟。早くも青里がお目見え。南には守門が逆光気味に東壁をさらす。
        守門.大岳、中津又岳

 歩いていると銃声がした。兎か山鳥か。前方にその鉄砲撃ちと思われる人が見えた。丸いざるかんじきの跡を残し北へと向かったようだ。それにしても重い雪だ。一歩一歩の負荷も重い。
 ねずみ薬師の時もそうだったように、ここも下部には無く、中腹から見られるのが杉林だ。その杉林の外枠をかすめるように進む。途中から新しい赤布が付けられている。それをつなげるルート取りになってしまう。大山らしい盛り上がりを右に見て先へ進んで行くと、目当ての645Pがその姿を見せる。

一応 山頂も踏んでおく。展望はあまり良くない。少し北東方向に進み川内下田方面の山と向き合う。

 7:51家発。
 9:19 除雪終点着 48.9km。
10:00取り付き。
 山頂踏まずに西側へ進む
12:25 大山山頂 2.13km。
12:50 杉林のつきる400m標高の開けた所で
高カロリーなチャーハン、オムライスのおにぎり。
2:00 取り付き地点。
2:05 車着。3.71km。
2:20 発。
3:15〜馬下の温泉〜3:43。
3:54 家着。101.5km。
1/31記

玄関にもどる