2/7宝珠山
登り:3h30m
下り:1h45m
 先週木曜から強まった冬型の気圧配置。大量の降雪、昨日は強風。この辺(阿賀野市旧安田)は西〜北の風が海岸部で強い時はさほど影響を受けないもの(おそらく新津丘陵がブロックしてくれている)だが、昨日はかなり強い風だった。
 そうなると登山口へのアプローチも慎重にならざるをえない。
 珍しく曇天なのに「歩きたいごころ」は結構大きくなっていた。
 地図を見ていてわりと等高線のつまっていない尾根があった。
 ここならR49という幹線国道1本でOK。
 さらっと降った雪をスノーダンプでささっとかく。空は四方とも暗めの雲が覆う。
9時、家発。セーブオンにておにぎり×2とせんべい。(阿賀町との)町境を越えたパーキングへ駐車。しかし雪がちらちら。車内で様子見。雪もやみ、

今回のルート
10時、歩きだす。
 国道を渡って、80cmほどの雪がある路側帯に上がりスノーシューを着ける。今日は登山靴。
なにかの巡視路なのか?(帰路に撮)

 上記の道を辿り、尾根に苦もなく乗る。はじめは杉林。思ったより急登。
 雑木林になるがヤブは「のれんをかきわける」クラスで苦にならない。
            八咫柄山(ヤタガラヤマ)だろうか

            日倉山やマンダロク山と思われる

            菅名山塊一の鋭峰 鳴沢峰もこの角度からは鈍頂に

             東蒲原特有の低山ながら尖った峰群

12:10 草水からの道と接続(標高約400mほど)。おにぎりを食べながら歩く。

1:08 八咫柄山。鞍部へと下降。

            かなり急降下

頂上直下は胸を突く、、と言うと過剰な表現になるが、それに近い急登たなっていた。手をぐーにして雪面に差し込み、足は何回か蹴り込んで少しづつ高度を上げた。
1:28 宝珠山山頂。

             大蛇山 野須張 方面

              阿賀野川と安田の街

 鳴沢峰 上はかくれてきた

                            石間からの尾根

3:15 車着。
往復6.58km。
 終盤でやっと見えた青空だったが、いい汗かけてかなり充足感を味わえた。
2/7記

玄関にもどる