5/5 白根山
  登り2h30 下り2h
晴れるらしい、、
さて どこへ 
決められぬまま z z z z

朝も起きることができない

新聞を取りに外へ出てみれば 山は白く霞んでいる 高すぎる気温のしわざだろう。

上がらぬままのモチベーション
 しかし 今日は歩いておくべきだろう。意味はないけど。

気にはなっていたが未だ歩いたことがない この山にする。
8:50家発。
  道中いつも見える山々も白く霞んでいる。
   加茂に入ると何組かのロードレーサーを見かけ チャリにすりゃ良かったか?と、ちらっと思ったりもしたりする。
9:55 林道入口広場着。44.8km。
 広い駐車場には7〜8台の車。「おろ?人気の山なんだ?」

今回のルート
10:17歩きだし。
 親沢沿いの林道(砂利道)をすでに高くなった太陽に灼かれながらとぼとぼ。
10:36登山道入口。
 少し進むと枝沢を左岸に渡る。またごせる細さ。6〜7人のパーティーをパス。山の神通過。雪でまっすぐになるこのできない杉の植林地を通り過ぎる。

 尾根に乗るまでかなり急登。細かくジグザグに切られているので助かる。
11:30 熊狩りの眺め場。2.59km。
         粟  一本岳がちょこんとのぞく

                       めざす 白根山

     奥の白い稜線は守門    手前 存在感有る 烏帽子岳

11:50 標高点638。少し下って、ひと登りすると風の通る日陰があったので、ザックを下ろし、おにぎり2個を食べる。男女のソロがそれぞれパスしていく。そこから前白根まではログを見ると急登だが、ここも小さくジグが切られていた。
12:30前白根。
  雪の上を歩けるようになる。

12:47山頂着。4.26km。

 あれだけ車があったのに、さきほどの男女1名づつと他は男のソロが下っていっただけ。みんな山菜採りだったと思われる。山頂で県央S市のMさんとしばらく話す。指向的にかなり近いものを感じた。彼が行った後はひとりで周りの山々と語り合う。沢に囲まれて展望は秀逸。ツマグロヒョウモンぽいのとギフチョウがひらひら舞う。とまっても羽を広げてはくれない。
1:50山頂発。

 あっちぇ日でした

3:48車着8.58km。3:55発
いい湯らていは高すぎるのでスルー。アイスクリームを買い帰路につく。
4:53〜5:25馬下保養センターでさっぱり。
5:35家着 94.0km
 短時間で登れるわりに歩きごたえもあり、展望も良好。予想を上回る山でした。
5/6記

玄関にもどる