5/9青里.割岩 分岐ピーク
【登り6h 下り5h半  登山口まで片道25.8km】
前日、職場の窓から見える山々はいつもより近くに見えた。残雪と新緑を満喫しているだろう。今日の登山者は。
夕方、どのエリアが晴れる割合が高そうなのかチェック。行き先決定。
3:40家発。
 最寄りのコンビニにて朝飯。4:12発。
4:45悪場峠。
 見覚えの有る車が。やはり、いっちゃん。メグさんも。もうひとりの方は初めてだった。彼女ら3名は先行していった。道路から小高い林にて、移植ごてで穴を堀、朝の営みを。バイクが来て「山菜採りかな?」と見ていたら。なんとkobaさん。うれしいばったりが2つも。今日は楽しくなりそうだ。

今回のルート
5:10歩きだし。
 ひと登りして佛峠、下った所がすり鉢の底の水無平。日はまだ差さず、カタクリはうなだれている。じわりと登りに転じて、急登になりすり鉢のへりの焼峰の神様から尾根通しに。kobaさんが追いつく。木六山頂へ尾根通しへはロープが張られて、左へしっかりした道が誘う(地形図の破線)。その道は足場の悪いきわどいへつりなので、ロープをくぐった方が安全。
6:30木六山。
     木六山から振り返る

7:23七郎平水場。〜7:40発。
 2.5リットル+0.9リットルの水をここで詰め替え。顔を洗い、日焼け止めをぬる。男性ソロが来る。白根の人、間接的知り合いがいたりして話しもはずむ。彼が五剣谷までトップで至る。
      左:銀次郎

8:23銀次郎山。
    御神楽      日尊の倉          太郎山   魚止山

                             五剣谷岳

 8:40 ご神体。
9:07銀太郎山。
 銀太郎山頂でザックを下ろし、周りの山々に向かい合い、パンと牛乳。kobaさんに先行してもらう。
                   青里岳

 銀次郎山

                             粟

 銀太郎の先は斜めになった柴をかきわけるが、すぐ雪上となる。頂陵の西側に鉱山道のなごりの踏み跡があるが、ちょい薮だったりする。雪に逃げてもそれが切れていて再度薮へ強制送還。それの繰り返しで進む。

 五剣谷が近づく。直下は急傾斜と記憶していて、そのため持参した10爪アイゼン。しかし、先行2名のステップで登ることができた。
10:12 五剣谷稜線。
  思わず「ひゅー!」と口から出るほどの景観広がる。

                  風の強さを物語る木々

                       右:撤退地点手前 薮のはじまり

                          割岩山

10:47 割岩.青里.分岐ピーク。12.4km。
        薮のあんばい

11:00 前進停止。12.62km。
 11:20 薮を抜けた辺りでお昼。

 お昼を食べて出発準備をしていると携帯がテレンコテレンコと鳴る。いっちゃんから留守電。五剣谷でランチとのこと。さっそく向かう。間もなく五剣谷というころ青里を踏んできたkobaさんも合流。いっちゃん達とも無事ご対面。
           12:50 五剣谷 山頂近くで

                 五剣谷直下        12:50

 さて五剣谷の下りだ。いっちゃんらはシリセードであっというまに降りていく。少し進んで下を見る。だめだこわい。アイゼンを着けよう。そうしてどうにか急降下部分をクリア。アイゼンを外し、カラカラの喉を潤し、荷物をチェックするとヒップベルトのポケットのファスナーが開いていて中に入れておいた車のキーが無くなっている。薮こぎの時にやっちまったのかもしれない。あきらめてそのまま下る。
2:05銀太郎山発。
           中央とんがり:銀次郎

       ここのブナもいい味出してる

 2:30ご神体。

2:55銀次郎山。
  朝日連峰                      飯豊連峰

 あまっているコンビニおにぎり1個食べる。磐梯山の左鞍部に安達太良山の山頂部。左へパーンしていくとべろりとした吾妻連峰。飯豊の頭の雲もほとんど取れて来た。その左に朝日連峰がちょっとこじんまりとして見える。フルーツやスイーツなどごちそうになり、3:12銀次郎発。

 七郎平へは、登る時は頂陵を歩いたが、帰りは地形図の破線に近い、西側の一段低い所をトラバース気味に辿った。

3:43七郎平の水場。

 いくつかのアップダウンを経て木六山への登り、そろそろ脚があやしくなってくる。
4:50木六山。5:00発。
    銀次郎    銀太郎         青里

5:25焼峰の神様。
   ○○○○ミツバツツジ

 水無平へと高度を下げていく。
                @水無平

 カタクリのプロムナード。しかし遅すぎて日がささない。右折して佛峠への登りへ。佛峠からへつりっぽい道、最後の下りアスファルトの路面が見えてきてフィニッシュ。
6:10 悪場峠着。24.98km。
車のへもどったはいいが、キーを紛失しているのでいったん家へもどらなければならない。
もしいっちゃん達、kobaさんと会っていなかったら
携帯も通じないエリアでどう対処しただろう。
幸い送ってもらえたから「おおごと」にならずにすんだのだが。
 休んでいるとブヨがまとわりついたが被害は無かった。休憩時にはエアーサロンパスをかけた。
 川内山塊、好きなエリアだったが、その好きさがさらにパワーアップした。
 ここの何が良いのか、歩きながら少し考えた。
 それは景観面においては、急角度で落ち込む谷で形成された独特の地形。
 入る人が少ない故の、保たれた原始性。
 五剣谷以奥で展開する幾重にも重なる山並み。
 以上のようなことがあげられると思った。

 ロングコースなので気温、湿度が上昇し、風も弱いとなると、かなりつらい山路となる。
 この日は時おり吹く風が実にここちよく、体力の消費を少なくできた。
 また遠くまで視界の効く、歩いていて気持ちいい条件がそろっていた。
 
 また来よう。そう思わせる一日だった。
5/12記

2007同時期のレポ

玄関にもどる