6/6赤津山
秋に良かった山を初夏に訪ねるシリーズの大本命。
ここと県北の鷲ヶ巣山を考えていたのだが、
蛭の話しを聞いておじけづいてしまったのであった。
登り:4h40m(林道アプローチ含まず)
3季用軽登山靴、ストック=現地で棒っきれ×2本調達。
食料:いなり3個、おにぎり1個、どん兵衛ミニ、蕪とキュウリの漬け物、うめぼし。 
水:2.5リットル+0.9リットル(粉末ゲータレイド入れる)
非常用:カロリーメイト、ブロック、ゼリー各1(そのまま)
 4時前に家を出る。空は雲が多い。
4:44加治川ダム着。44.6km。次々と車が来る。横浜ナンバーの見た目30代山ガール数名は蒜場か。4〜5名いると、だいたいひとりはかわいい娘いたりするものだが、今日もしかり。そんな邪心をかかえつつ自転車でゲート進入。このゲートになってからは初めて。5:15発。
 明け方の雲もすっかり消え、強い日差しがさす。ここの林道は傾斜が緩やかなのでMTBツーリングむけと思う。40分を要して取り付きに。GPSで距離7.8km。

今回のルート
                取り付き付近

6:00歩きだし。
 ブナ林へ。幹にペンキでマークされていたり、ロープがあったりするのをつなげていく。斜度があり、ずり落ちそうになるのをこらえ30分ほどで尾根に乗る。急登から開放される。
 細い尾根の上に草本類がかぶさり、足の置き場を探りながら進む。

7:45 941P。少し進んだ木陰でマーラーカオ4個とコーヒー摂取。
                  中央 三本槍

                ツバメオモト

9:37 西ノ峰。

10:40山頂。

雨で洗われた大気、主陵線が近い。
この時、胎内尾根をめおとが歩いているとは知る由もない。
蚋が五月蝿いのはこの時期しかたない。

                  でーんと二王子

                             歩いてきた尾根

             シラネアオイ

               えぶり差からギルダ原

                扇の地紙から大日岳

          西ノ峰辺りから   大日岳から烏帽子山

3:30 取り付き。往復11.09km。

林道走行中、同じようにMTB乗り数名と会う。
湯の平まで行ったそうだが、橋は未だ架けられていない。
ロープを装備していた。
温泉は入ることができなかったそうだ。
4:00 加治川ダム着。
4:48〜5:17うるおいの湯。
5:33 家着。往復89.3km。
赤津山は飯豊と語りあえる素晴らしい山。もっと多くの岳人の訪れることを願う。

秋の赤津山
6/8記

玄関にもどる